リヴァロ家の幸運な時間

リヴァロ家の食卓/ワインな日常

東京グルメ pickup

20111113robuchon1

FRENCH/フレンチ

Joel Robuchon
フレンチの巨匠ジョエルロブション氏の最新フレンチと歴史的名メニューが味わえる「ガストロノミー ジョエル・ロブション」。時代の変化を味合える、ワインを含め最高峰のフレンチレストラン。我が家的東京のメインダイニング。

ESqUISSE
銀座並木通り沿いに2012年に出来た噂のグランメゾン「レストラン エスキス」。グローバルな視野での新進気鋭あふれる最新フレンチが堪能できる。

THE CRESCENT
芝公園にあるアンティーク風情が美しい洋館フレンチ「クレッセント」。骨董商が前身とあって美術品であふれる本物の世界。クラシックなのだが決っして古くない上質上品な料理が頂ける。

PIERRE GAGNAIRE
ANAインターコンチネンタル東京と業務提携して2010年に出店した「ピエール・ガニェール東京」。料理は個性的で多皿、ピエール・ガニェール本人も頻繁に来日している。安心して使えるホテルならではの空間。

Cuisine[s] Michel Troisgros
ハイアットリージェンシー東京内にある、80年の歴史を誇るフランス三ツ星「トロワグロ」のレストラン「キュイジーヌ[s] ミッシェル・トロワグロ」。素材を大切に酸味を生かしたプレートは楽しく美味しい。

DOMINIQUE BOUCHET
2013年銀座にグランドオープンした「ドミニク・ブシェ東京」。奥様が日本人で親日家としても知られるシェフの新拠点?!2015年同銀座内に移転再オープンした。

JEAN-GEORGES
ニューヨークで8年連続ミシュラン3ツ星を獲得しているジャン-ジョルジュ・ヴォンゲリスティンシェフの、最高級レストランとして2014年にオープンした「JG ジャン-ジョルジュ東京」。モダン多皿系が好きな人にお勧め。

Restaurant Ryuzu
「ラトリエ・ドゥ・ジョエル・ロブション」から2011年に独立した飯塚隆太シェフの「レストラン リューズ」。六本木駅の近くにあるこじんまりとした大人の店。

Narisawa
南青山の好立地にモダンな佇まいが印象的な「ナリサワ」。グローバルな視点のアイデア満載で、エンターテイメントなプレートの数々に脱帽。

EdiTion Koji Shimomura
さっぱりクリアな下村流現代フレンチの「エディション・コウジ シモムラ」。日本人の感覚が巧く取り込まれているスペシャリテの数々は素晴らしい。

BEIGE ALAIN DUCASSE
シャネル銀座ビル10階、シャネルグループとアラン・デュカスがジョイントした贅沢な「ベージュ アラン・デュカス東京」。

Quintessence
2013年に白金台から御殿山に移転した話題の3ツ星「レストラン カンテサンス」。フランスで培った岸田シェフの感性が、光る美味しい一皿に出会える。

TIRPSE
「カンテサンス」跡地で、そのスタッフがそのまま引き継ぐ形でオープンした「ティルプス」。夢あふれる若いスタッフ達が頑張るレストラン。

SIGNATURE
マンダリンオリエンタル東京にある発想豊かなレストラン「フレンチファインダイニング シグネチャー」。2013年に新シェフ就任に伴い、爽やかでエキゾチックな雰囲気そのままにコンセプト変更。ワインイベントや来日イベントも豊富。

La Tour d’Argent
パリ・セーヌ河の畔に佇む歴史的名店「トゥールダルジャン」東京支店。ニューオータニ東京にオープン以来30年が経った今も、クラシカルなゴージャスさは健在。帝国ホテル「レ・セゾン」同様客の年齢層は高い。最近はニューオータニ自体の来日イベントも盛ん。

IL’Effervescence
西麻布の住宅街、自然に囲まれた演出のモダンなレストラン「レフェルヴェソンス」。野心溢れる知性派生江シェフのアイデア満載の料理に出会える。

Hiramatsu
我が家も福岡では定番の「レストランひらまつ」。結婚式のイメージが強いひらまつグループも今や一部上場の立派な企業。全国に新ブランドのレストランやホテルも出すなど、更に勢いも増している。

Tateru Yoshino
小田原からパリで挑戦し念願の星を獲得した「ステラ・マリス」、からの「レストラン タテル ヨシノ」。現在吉野シェフはモダンな銀座店にて腕を振るう。

KEISUKE MATSUSHIMA
東郷神社と明治神宮・代々木公園に囲まれた都心の森の中、松嶋シェフによるニース「ケイスケ マツシマ」の東京店。

Amour gastronomie francaise
西麻布の一軒家レストラン「アムール」。アロマフレスカグループのフレンチ。心温まる「愛」に満ちた楽しい晩餐を。

L’OSIER
2013年にリニューアルオープンした資生堂経営の「ロオジエ」。銀座並木通り沿いとにかく豪華な佇まい。

ITALIAN/イタリアン

HEINZ BECK
2014年丸の内にオープンしたイタリア3ッ星シェフのファインダイニング「ハインツ ベック」。皇居外苑・和田倉濠を一望できる素晴らしい場所でイノベーティブな料理が頂ける。
ハインツ・ベック来日

Ristorante ASO
代官山の古邸宅を改造した温かい雰囲気ある人気のイタリアン「リストランテASO」。ミシュラン2ツ星時代の吉越シェフは博多店から現在銀座「アルジェントASO」に。

BVLGARI Il Ristorante
ブルガリ銀座タワーの9階、アントニオ・チッテリオの洗練された空間の中で、トレンド感満載のモダンなイタリアンを頂ける。2015年に「ブルガリ イル・リストランテ ルカ・ファンティン」と店名変更。

ARMANI RISTORANTE
アルマーニ銀座タワーの10階、エンリコ・デルフリンガー監修の「アルマーニ リストランテ」。アルマーニカーサのキラキラダイニングはデート向き。

Piacere
シャングリ・ラホテル東京の28階にあるメインダイニング「ピャチェーレ」。キラキラ豪華な店内で、本格イタリアンを満喫できる。高層階からの素晴らしい景色はランチもお勧め。

AROMAFRESCA
日本人に馴染みやすいイタリアン「アロマフレスカ」。原田シェフによる優しい緻密な味が特徴的。

SUSHI/鮨・寿司

すきやばし次郎
世界的にも最高の評価を受ける銀座の江戸前鮨店。巨匠・小野二郎氏に握ってもらえるかは運次第だが、誰が握ろうと値段は日本1。いずれにしろ別格の「握り」、銀座店に比べて六本木店は使いやすい。

あら輝
2010年上野毛から銀座移転してミシュラン東京初登場3ツ星を獲得。鮪へのこだわりとパフォーマンスが特徴的。2014年10月から英・ロンドンに移転「THE ARAKI」開業をしている。

ほかけ
そこだけ時代が戻ったような佇まい。無口だが温かいご主人の人柄に癒しを感じる。2008年に昭和通り沿いに移転したが風情はそのまま。気楽に男一人ランチ使用の定番。

青空
「すきやばし次郎」で修行したご主人が握る端正な握りが食せる。銀座らしく遅くまで営業し楽しめる。

松波
浅草の下町、夜は静かになる通りなのでちょっとわかりにくい。一昔前の派手目な内装の中で昔ながらの江戸前鮨が頂ける。夜のみ営業。

鮨 青木
値段も含め「銀座の寿司」を体現できる。西麻布店は洗練された雰囲気でまた良し。

すし処 宮葉
レトロな店内で昔ながらの江戸前を食せる。お任せは高めの値段、デートには向かない雰囲気。

鮨 そら
マンダリンオリエンタル東京38階にあるオシャレな寿司屋。ホテルらしく親切丁寧なサービス。窓の向こうに広がる大きな空と東京スカイツリーの景色は美しい。外国人、デート向き。

鮨一
シャネル銀座ビル裏側にある新感覚の江戸前。シンガポール店・バンコク店もある。若い店主の握る寿司ととソムリエによるワインのマリアージュも面白い。

すし善
札幌の名店が汐留から銀座に移転。やりすぎてない適度な江戸前仕事が、素材の新鮮さを生かす札幌ならではの技。

西麻布 拓
ミシュラン2ツ星、女性ソムリエとの共同経営が特徴。工夫したワインの品揃えで翌朝1時までやっている西麻布らしい店。

喜寿司
日本橋人形町、昔ながらの下町風情がいい。身なり正しいご主人の人柄が一つ一つの寿司にも現れている。

鮨 かねさか
色んな意味で噂の派手系寿司屋。使い勝手良かった西洋銀座「真魚」閉店後はパレスホテル店へという手も。

鮨処 しみづ
「新橋鶴八」から独立したご主人が握る寿司屋。酢と塩がたった男っぽい握りを粋に堪能したい。

鮨 真
西麻布の好立地にある若手のすし屋。東京ミシュラン1ツ星、丁寧な仕事ぶりがいい。

久兵衛
言わずと知れた老舗有名店。銀座本店は1階のカウンターが一杯でも、2・3階にそれぞれカウンターがあり、どの職人にあたってもそれなりに楽しめる。各ホテルの支店を気軽に使うのもひとつ。

すし処 喜久好
赤坂にある「伝説の藤本繁蔵譲りの握り」が味わえる寿司屋。握るスピードや大きさは女性には厳しいが、丁寧な接客で優しいご夫婦のお店。

おけい寿司
先代の時代は古典的江戸前の中でトップクラスの技量の名店だった。2008年から代替わりして伝統の継承中か。

寿司幸本店
明治18年創業銀座数寄屋通り沿いだが、敷居を全く感じさせないざっくばらんな雰囲気。昔の屋台を彷彿させ、年齢層も高い。客は同伴はもとよりカップルが多い。

吉野鮨本店
創業明治12年の江戸前老舗。「トロ」握りの発祥の店としても有名。3代目の故吉野曻雄氏が握りの理想として指摘する「家庭でつくるおにぎりの握りかげん」という感じ(現在は5代目)。

新橋 鶴八
新橋駅前の恐ろしく古い雑居ビル、江戸前の伝統を引き継ぐ寿司屋。無愛想の局地をいくご主人の握りに江戸前の風情を感じる・・が決して女性を連れて行かないこと。

すし匠はな家与兵衛
飲み系寿司屋、いろんなつまみが楽しめて酒が進む。多くの弟子を輩出して江戸前の世界に一流派を築いた。

CAFE & SWEETS/カフェ & スイーツ

La Maison du Chocolat
ロベール・ランクス氏によって1977年創業されたパリの名ショコラ店「ラ・メゾン・デュ・ショコラ」。我が家一押しお気に入り、日本にも店舗が増えて嬉しい。値段の高さばかりが先行しがちだけど、この美味しさは一度口に入れたら納得するはず。

PIERRE MARCOLINI
ベルギー「ピエール・マルコリーニ」は大人のチョコレート。カフェ併設の銀座店がメインだが、羽田第2ターミナル店や東京駅グランスタ店はお土産に便利。

ECHIRE MAISON DU BEURRE
丸の内ブリックスクエアにある、フランス産発酵バター「エシレ」の専門店「エシレ・メゾン デュ ブール」。エシレバター100%のオリジナルレシピによる出来立てのお菓子やパンを販売。大阪にある「エシレ・マルシェ オ ブール」にもちょくちょく行きます。

Garrett Popcorn Shops
2013年に日本上陸した、シカゴで1949年創業したポップコーン専門店「ギャレット ポップコーン」。東京駅の日本第3号店は今でも行列。東京ミッドタウンには「メルセデス・ベンツ」とのコラボカフェがある。濃い味系で食べ応えあり。

HillValley POPCORN FACTORY & SHOP
2013年に日本上陸した、アメリカで2年の歳月をかけて作り上げた「ヒルバレー ポップコーン」。オイルを全く使わず熱風だけで作るヘルシーなグルメポップコーンは我が家の定番。

JEAN-PAUL HEVIN
日本を愛するフランス最高のショコラティエ「ジャン=ポール・エヴァン」。一流のパティシエでもある彼が作る濃厚ショコラはパリらしさ満載。 デザートタイムに登場する頻度NO,1の我が家の定番。

PIERRE HERME PARIS
ニューオータニ東京出店から始まって青山に路面店、そして渋谷ヒカリエ、リッツカールトン京都などにも立派な店舗を構える人気の「ピエール・エルメ・パリ」。ピカソと言われる彼のマカロンを是非。

HENRI LE ROUX
世界で唯一のキャラメリエ&ショコラティエ「アンリ・ルルー」。カフェが併設された東京ミッドタウン店には沢山のスイーツが宝石のように飾られてる。

LADUREE
フランスからやって来たのは可愛さ一番、パリ香るスイーツ「ラデュレ」!独特のアロマは日本で通用するか?!雑貨屋コスメにも注目。

LA BOUTIQUE de Joel Robuchon
巨匠ジョエル・ロブション監修によるブーランジュリー&パティスリーに、カフェを併設した「ラ ブティック ドゥ ジョエル・ロブション」。丸の内ブリックスクエアほか、六本木ヒルズにはブティック、渋谷にはブーランジュリーも。

Magnolia Bakery
世界中に熱狂的なファンを持つニューヨークのクラシックアメリカンスイーツ専門店「マグノリアベーカリー」。2014年表参道に1号店をオープンし毎日長蛇の列で話題の、甘カワイイカップケーキの店。

patisserie Sadaharu AOKI paris
パリで認められたパティシエ青木定治氏の「パティスリー・サダハル・アオキ」。女心に効く可愛い美しいデザート達が所狭しと並んでいる。福岡店も出来て我が家定番のひとつ。

Compartes chocolatier
ハリウッドからセレブ御用達鳴り物入りで登場は「コンパーテス ショコラティエ」、とにかく私はそのビジュアルが好き。マイメロディとのコラボなど話題も多く、看板スカルデザインはバレンタインに最適。

Debailleuln
店舗減っちゃいましたけど相変わらずバレンタインの定番「ドゥバイヨル」。丸の内にしかない世界初のカフェもあり。

CACAO SAMPAKA
丸の内ブリックスクエアにある、スペイン王室御用達のショコラテリア「カカオサンパカ」。オサレメンズ好みのデザイン♪ 南青山店と大阪・梅田店は「カフェ」併設、最近金沢には「カフェ&バー」も登場したよ。

Caffarel
ジャンドゥーヤで有名な、イタリア・トリノの3世紀に渡る老舗チョコレートブランド「カファレル」。グランフロント大阪店にはトリノの食材を使った軽食が食せるカフェもあるよ。

Fiorentina pastry boutique
グランドハイアット東京オリジナルのパンやスイーツを取り揃えた「フィオレンティーナ ペストリーブティック」。コンクール受賞作品や、森美術館とのコラボツイーツ、イベント毎の企画も満載。

The Peninsula Boutique & Cafe
ペニンシュラ東京地下にある人気の「ザ・ペニンシュラ ブティック&カフェ」。週末は行列必至。ペニンシュラ香港名物のベアチョコ・紅茶・XO醤などに加え、東京オリジナルのスイーツが食せるカフェも併設。

papabubble
スペイン発のオシャレで美味しいアートキャンディ「パパブブレ」。イケメン達がリズミカルに作るキュートな金太郎飴は、我が家の東京土産定番だった(何と福岡にも出店!)。ハイブランドのイベントや、ジョエル・ロブションの会計時に出てきたりもするドレント系オサレアイテム。

WAGASHI/和カフェ・和菓子

とらや
「虎屋菓寮」「TORAYAカフェ」と各世代にそれぞれ人気の老舗「トラヤ」。最中や季節の生菓子、羊羹などなどさすがの和菓子達を味わえる。そして東京ステーションホテル内「トラヤ トーキョー」でレアものゲット。

一保堂茶舗
京都本店まで足をのばす時間がない方は、丸の内にある「一保堂茶舗 嘉木」へどうぞ。日本茶の有名専門店のカフェナンダヨ。

空也
昭和24年に銀座並木通りに移った老舗「空也」、もなかが有名。そして新ブランドカワイイ「空いろ」はあちこち普及中。

花園万頭
日本一高い饅頭で有名な、今や東京の老舗和菓子店「花園万頭」。立派な本店が新宿にあり茶寮も併設、東京駅や羽田空港でも買えるのは便利で、丸の内には「和カフェ あんと」もある。季節イベントの「ぬれ甘なっと」も楽しい。

亀十
浅草といえばやっぱり「亀十」のどら焼きがイチオシ!「着実に進む亀の歩み」と「十のおめでたい縁起をかついで」からの名。

うさぎや
大正2年に上野に開店した老舗「司 うさぎや」。とにかく出来たてどらやきの美味しい衝撃!店内で食べてみるべし。「日本橋うさぎや」は弟の店で、全く同じ名前に同じ商品を販売しているが全く違う。

船橋屋 こよみ
和菓子屋「船橋屋」が創業200年を記念して出した新感覚ブランド「こよみ」。今は広尾本店はイートインも。

銀座 甘楽
銀座六丁目にある豆大福で有名な「甘楽」。東京駅グランスタでも買えるのでお土産に良い。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。