リヴァロ家の幸運な時間

リヴァロ家の食卓/ワインな日常

福岡グルメ pickup

20120111yamanaka1

FRENCH/フレンチ

Au gout du jour merveille HAKATA
JR博多シティにある「オーグードゥジュール・メルヴェイユ博多」。今九州で一番注目されている小岸明寛シェフが任されている(2015年~)。フランスの名だたる3ッ星店で修業歴多数、RED U-35第1回準グランプリの腕前が楽しめる。我が家イチオシ。

Hiramatsu
博多では数少ない本格グランメゾン「レストランひらまつ博多」。結婚式のイメージが強いひらまつグループも今や一部上場の立派な企業。全国に新ブランドのレストランやホテルも出すなど、更に勢いも増している。博多店を17年務めた水元料理長が独立した「Sourire」はカジュアルに使える。

レストラン 花の木
ロイヤルホールディングス経営の大濠公園内老舗フレンチ「レストラン 花の木」。仏ボルドーで共に修行した寺田シェフと黒木ソムリエが、本場仕込みの味とサービスを提供。2015年2月改装オープンしたがクラシカルな風情はそのまま?

Les Celebrites
ホテル日航福岡ならではの安定したフレンチを提供する「レ・セレブリテ。伸び続ける森田シェフの料理とワインが楽しめる。幅広い世代、家族・カップルが安心して利用できる上品なレストラン。九州では珍しくハイレベルな来日シェフイベントも豊富。

Geroges Marceau
九州ならではの新鮮な素材にこだわったフレンチというより創作系?レストラン「ジョルジュ・マルソー」。西中洲のカジュアルな2号店「デフィ・ジョルジュマルソー」は気軽に使える。

ITALIAN/イタリアン

Ristorante ASO
東京・代官山で人気のイタリアン「リストランテASO天神」。LVで買い物した後は上階のこちらでディナーが基本。しかし、東京ミシュラン2ツ星時代の吉越シェフは博多店から現在銀座「アルジェントASO」へ~。

Antica Osteria Toto
荒戸にある人気のカジュアルイタリアン「アンティカ・オステリア・トト」。ガッツリ食べたい時の我が家の定番。本場シチリア仕込みのダイナミックな料理を満喫出来る。

SHUSHI/寿司・鮨

すし割烹 やま中本店
我が家お馴染み、今や九州を代表する寿司屋。ホテルや駅ビルにも支店がある人気店で、豪華寝台列車「ななつ星」でも握っている。磯崎新設計の薬院本店は、酒に合う料理の多さは他店を寄せ付けず値段も一流。我が家定番、デートや接待に向く華やかな寿司屋。

つく田
福岡から車で1時間強の所にある佐賀・唐津の江戸前寿司。寂れた商店街の中、個性的なご主人が息子さんと営む名店。同じ唐津地区には「銀すし」もあり、共に全国から客がわざわざ足を運ぶ。中里隆氏の「唐津焼」も必見。

田可尾
渡辺通りの裏路地にひっそり佇む名店。はらりとはらける本格江戸前。客層など雰囲気がデートには向かないが、江戸前寿司好きが全国から訪れるマニアな店。

近松
河庄出身のご主人が静かにひっそり店を構える。和モダンで清潔な落ち着く内装が印象的。博多前と江戸前が融合した洗練された握り。

河庄
博多前寿司の代表的老舗店。中州という場所柄、客層にも幅がある。全てがやや古いが博多寿司の歴史を味わえる。

KAISEKI/懐石・和食

博多 い津み
全国的に有名な、福岡を代表する1923年創業のふぐ料亭。博多の台所・柳橋連合市場にほど近い住吉橋袂のたもとにある。高価格であるが綺麗にひかれた河豚はやはり美味しい。秋の松茸も楽しい。

日本のお料理 稲垣
博多の総鎮守・櫛田神社のすぐ裏にある和食の店。凛としたご主人と温かな家族愛が好印象。高級素材は少ないもののこだわりを持って作られた料理を味わえる。

鉄板焼 銀杏
ホテル日航福岡にある予約が取り辛い人気店。ホテルらしいシックな店内に優しい料理長と支配人。九州ならではの高級素材を上品に頂ける。

鉄板焼 なか乃
中洲の雑踏、春吉リバーサイド通り沿いにあるモダンな鉄板焼店。入口に大きなワインセラーも備えたモダンな造り。最新の強い換気システムも良い。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。