もう今年を振り返るような時期になったのねー!残りもあと僅か、誰もがこんな年になるとは思わなかったはずの2020年。
コンコンチキワ、張り切って残り僅かなシーズンをヤンチャに過ごそうなんておとといきやがれ!!でおなじみ、チェリエッタ・モンテギューギュです(こんにちはチェリ〜さん、世の中はクリスマス商戦が始まろうとする季節ですよ)

20201102herme2

コロナ禍だろうとお構い無しに、新エリアだの新店舗だの次から次にオープンするから小忙しいと嘯いてるのはアタシです(で、どちらかに行かれたのですか?)
人の集まる所チェリエッタ不在が定説なのに、なんとか少ない時間を選びやっと行ってみました、エキナカ商業施設「グランスタ(GRANSTA)東京」の新エリア。

20201102herme3

8月、新たに66のショップ&レストランが出店し「東京駅が街になる=Tokyo Station City」のコンセプトで東京駅北側通路周辺に、既存の改札内商業ゾーン「グランスタ」を抱合する「グランスタ東京」、待合空間「スクエア ゼロ」、新改札口「グランスタ地下北口」とあちらこちらに拡大しましたところに、チェリエッタ気の迷いに従いえっちらおっちらと陽炎潜入(お気を確かに;)
「グランスタ東京」は、1階と地下1階の2フロアに出来たので、既存の店舗をあわせると150店舗以上?!

20201102herme4

そう聞くとなんだか一つ街が出現したみたいに聞こえるけど、足を止めちゃう店って限られてくるのでパタパタ歩いてたら端まで来ちゃった(なるほど)
とはいえ買い物だけに駅ナカに侵入する身として、行く店に狙いを定めて突入するしかないので、まずは真っ直ぐコチラの店に到着「Made in ピエール・エルメ」!

20201102herme5

その名の通りあのピエール・エルメ(PIERRE HERMÉ)氏のお店なんですが、見るからに通常展開しているスイーツ店「Pierre Hermé Paris」ではなくカタカナの「ピエール・エルメ」(確かに珍しい、つまり?)
コチラはエルメ氏によるオリジナルアイテムと厳選したメイド・イン・ジャパンの商品を世界へと発信するコンセプトショップ。店内では日本各地の優れた生産者とコラボレーションした食料品が並びますが、「ピエール・エルメ・パリ」を代表するマカロンやショコラも扱っているし、キッチン雑貨やファッションアイテムなども展開。

20201102herme6

カフェスペースも併設しており、店内で飲食を楽しむことも出来る。けれどアテクシは「パン・オ・ショコラ」と見るからに美味しそうな「アーモンドのメレンゲ」をテイクアウト。チョコが美味しいから美味しいわよそりゃーなパン・オ・ショコラに、サックサクのメレンゲが溶けながら口中染めていく感じは、日本の良さを発信するーとか言いながら自らの手腕だってご披露つかまつるそうろうよ(良いじゃないですか;)
オカキやらビスキュイやら色々買って味わったけど、ココは1回じゃ当然楽しみ尽くせないのでリピート決定。場所柄?時間帯?人が少ないのも魅力(たまたまでしょ;)

20201102herme7

とか言ってたら、チェリエッタがすでにリピートした店があるのよね、それがコチラ「百両屋」さん。なんとコチラは明治時代にあんぱんを創製した木村安兵衛の血統を受け継ぐ「メゾンカイザー」日本代表の木村周一郎と、”食×グッドアイデア”で心豊かな暮らしをクリエーションするプロデュースカンパニー「シュウフードプランニング」の開発メンバーと共創して誕生した東京初の新業態となるトウキョー・レトロモダンがコンセプトのあんぱん専門店。
(つまり、あんぱんで有名な木村屋の遺伝子を受け継いだあんぱん専門店?) 目玉商品は「東京百両あんぱん」、と言うか基本それしかないんだけど。

20201102herme8

新エリアを闊歩してると小判を重ねた二十五包金の形の「東京百両あんぱん」がずらりと並ぶから、チェリエッタの目に入った瞬間我を忘れ飛びかかりご指名購入(落ち着いて)
高級バターと卵をたっぷり贅沢に使ったパン生地は、しっとり、ふっくら、香りぷんぷん。てかパンというよりスイーツだな。伝統的なフランスパンの製法で作られているらしいけど、江戸時代、町人文化で育まれた御前菓子にふさわしい高級な餡子といえばこしあんだった、という理由からシグネチャーとなる餡子はこしあんを使用。

20201102herme9

私もこしあんが大好きだから賛成。あんぱんと言うのに微妙に抵抗があるくらいパンの部分がしっとりしとしと、バターバターなスイーツ商品。定番商品として展開されるのは、シグネチャーであるこしあんとカスタードクリームの2種類。
さらに、オープン時には、限定商品としてトロピカルな味わいの「パインココナッツ」がありました。小判ザックザクなあんぱんとか魅力しかない(どういうこと?;) サイズ感という差し入れにもぴったり、エキナカという場所柄どこかに向かう最中買い出来るしね(チェリ〜さんは店に向かい直帰でしょうね;) 次回「鬢付け油軍団 VS チェリ奴勝ち戦編」お楽しみに(な、何ですって?;)

20201102herme10