「Go To Travelキャンペーン」が始まって、やはり増えた地域もチラホラ。こんにちは、GOTO厂原と聞こえたのはアタシだけって知ってます、相変わらずチェスミん・メゾンドパンです(こんにちはチェリ〜さん、厂原さんにGOTOしてご迷惑をお掛けしないよーに;)
そこで「虎屋の富士山便どら焼き」「亀十のどら焼き」を堪能したのなら、その流れで口はすでに美味いアンコをもとめている。ならば行くしかない、普段並ばないチェリエッタが亀十に続き伺いましたさ日本三大どら焼きの一つと言われる「うさぎや」さん。言わずと知れた上野広小路から徒歩4分のところにある老舗の和菓子店です。

20201008usagiya2

創業は1913年(大正2年)。創業者・谷口喜作氏は当初、西洋ロウソクを生業としていたそう。ならば頼もう、アラジンとチェスミンのウエディングプランナー的な(そういうことではないと;) そうね、その時偶然知り合ったお菓子屋の人に感化され、上野で職人を集めて和菓子店を開店したって言うんだから喜作ったら革新派ね。最初は喜作ちゃん考案「喜作最中」を販売したのが始まりなんだと、喜作ちゃんたら今日から先生って呼ぶ事にする(どうしてそうなる?;)
コロナ禍になってからは初めて伺いましたが、いつもの風景を保ちつつ、感染対策のカウンターのカーテンや、床にソーシャルディスタンスの印が多数、ひっきりなしに来る客も注文時以外は会話をせず、気分よくお買い物出来ました。

20201008usagiya3

注文を受けてくださった方のマスクに「うさぎや」のマークが入っていて、欲しいと思ったのも束の間、この日はお父上とお彼岸のお買い物に伺ったもので、あれこれと注文していたらとんでもない数に。好きなだけ買って良いよの魔法の言葉に毎度まんまとかかるのはアタシです(甘すぎる;)
もちろんまずは「どら焼き」230円です、亀十のソレとは明らかに別物、こちらのモノは普通皆さんが想像する「どら焼き」と言われる和菓子。皮にはハチミツがガチで入ってます!と分かるくらいしっとりしていて甘いのですが、それよりも印象的なのが挟んである餡。もうビビるくらい糖分補給に一役かってくれます。

20201008usagiya4

小豆の形を保っているので、トロッととろけながら口に入るイメージ。大きさはさほど大きく感じないのに、感覚的にはドッシリした存在感。亀十よりは小さいが、虎屋富士山便より大きい(全てを食べてないと分かりませんね;) こちらは賞味期限2日、なので通販をされておりません。
まーほとんどの美味しい和菓子の行列店はお取り寄せ出来ないので、残念ながら頑張って自ら手に入れに行かなければなりませんが(コロナ期間中は我慢してましたね;) 特にこちらは日持ちのしない生菓子にこだわっておられるので、仕方ありません!糖分摂取の前に厂原さんに会ってきま・・(それ後に出来ませんか?;) 出来ます。

20201008usagiya5

続きまして、今回は「どら焼き」の次に目的にした品物、それがお彼岸期間だけ発売される「おはぎ」と「お彼岸団子」。注文してから作ってくださる「おはぎ」には粒あんとこしあんがありまして、作りたては本当にふわっとしたおはぎなんです。
どら焼きの餡同様甘いんですけど、凄くこじんまりした可愛らしいサイズで、どちらかと言うとこしあんが好き。アラジンも好きだけど、コロナのせいで中止され終了してしまった「カモメに飛ぶことを教えた猫」がまた観たいのであります(残念でしたね)

20201008usagiya7

もう一つの「お彼岸団子」こちらは初めて口にされる方には衝撃的かもしれません、タッパのようなケースにイビツな形の弾力ありまくりな団子がゴロゴロ入ってるのですが、その団子が埋もれてる餡の血糖値爆裂上げな甘さ(どら焼きより甘いですか?)
どら焼きなんて目じゃない、その甘さときたらこれが本物の餡じゃー!先祖代々餡の香りと甘さで癒されてたもう!的な(なるほど;) 数日しか手に入りませんから、次回のお彼岸期間にお試しくだされ。墓参り、リモート里帰り、うさぎやのお彼岸団子に決まりだね。お次はある日とない日がある「焼き菓子シリーズ」。

20201008usagiya6

カウンターのメニュー表に「本日あります」と書いてあれば注文出来るのが今なら「栗まんじゅう」190円、「喜作あんぱん」190円、「茶通」160円、「うすずみ」140円。パッと見ホント小さい、こんなん一口やんなお菓子。危ない危ない、いくつ必要ですか?と言うなんて愚問「そんなこと聞きます?!ありったけくだされ!」(お帰りください;)
お父上と一緒で助かったぁ、その日の品を買い占め店を閉じさせるところでした(気を確かに;) どれって選べないくらい好き、代表菓子の喜作ちゃんの名前のついた「喜作あんぱん」なんて、あんぱんじゃないのよ。普通の思考回路で臨んじゃだめね、アタシいつまでもチャレンジャーでなきゃチェスミンの名が廃る(ほぼ愛称ですけどね;)

20201008usagiya8

この焼き菓子達はどちらかと言うと「うさぎや」特有の甘さではなく、焼いたことで香ばしさを楽しむ和菓子なのかな。まるでアラジンを演じてる厂原さんの褐色な肌色演出で更に瞳のキラキラが増し増しで、眩しくて眩しくてアタシ泣き笑いを繰り返すからマスク観劇って助かるわーと思う今日この頃(なんの話で;)
つまりはGOTOだろうがなかろうが、美味いって素晴らしく癒しって非日常に不可欠で、コロナ禍にスイーツも厂原さんも必要なのです。感染しない、させない!今日もマスクしてアルコール除菌してソーシャルディスタンスを保ちつつ太陽に当たる幸せをありがたく感じながら頑張ります(お疲れ様です)