急激に秋になるって体も心も追いつかないからご遠慮願いたいわって空耳でWonderful time、Wonderful memoriesだね(こんにちはチェリ〜さん、全く違う意味に聞こえるって幸せですね;)
コンコンチキワ、相変わらず完璧なソーシャルディスタンスな人生を邁進中のチェリエッタ・フォンテンフリューゲルです。九月と言えば秋、秋と言えば秋場所、つまり九月場所(一周しましたね;) そう、今場所もやってきました大相撲!

20200913sumosep2

先場所は久々の有観客開催、普段なら名古屋で開催される7月場所を国技館に移し、上限2500人にして4人マスを1人で使う大盤振る舞い。色々ありましたが何とか15日間やり遂げました。
怪我に苦しんだ元大関、照ノ富士が序二段から幕内優勝の大復活を果たした場所にもなり、横綱の白鵬と鶴竜、そして大関貴景勝が途中休場しても、関脇の正代や小結の大栄翔などの活躍で盛り上がったのは本当に良かったと思ったのも束の間・・

20200913sumosep8

場所前から何となく嫌な予感はありましたが、白鵬・鶴竜の両横綱が秋場所を休場すると発表が(両横綱とも最近は怪我に苦しんでおられますね;) なんと複数の横綱全員が初日から休場するのは1983年夏場所の千代の富士、北の湖以来37年ぶりらしく、珍事に匹敵する記録(致し方ないとはいえ残念ですね)
その上、玉ノ井部屋に所属する力士19人が新型コロナウイルスに感染し、感染の有無にかかわらず同部屋の全力士28人と師匠の玉ノ井親方が秋場所全休。その他にも30人以上の休場が発表され、やはり新型コロナの影響は計り知れないなと改めて思った本日はSO初日!(初日?)

20200913sumosep9

はい、大相撲九月場所も初日から両国国技館へ行って参りました。今場所も先場所同様上限2500人で4人マスを1人で使うのは変わらず。売店も最小限、いつの日かひよちゃん焼きが買える事を願って、ちなみに密かに?ひよちゃん最中は売ってます(そうなんですね)
館内少ないのも慣れましたが、私の人生そのものが完璧なソーシャルディスタンスなので、どこに参上しても空気のように漂い、泡のように存在し、風のように過ぎ去る己の佇まいに感無量(貴方だけがそう思ってる;)

20200913sumosep3

溜席が無く前がガラッとしているので、マス席でも土俵から近く感じ・・あ、それは最前列で観戦したからかもしれませんが(え、自慢?;) この経験をしてしまうと4人マスを4人で使う日に戻れないですよね(それ良く耳にします;)
今場所も個人時に注目は大関朝乃山、そして最年少平幕の琴勝峰、初日は明生との対決に見事白星発進、ありがとうございます!(ど、どういたしまして;) 十両だと翠富士や錦富士の伊勢ケ浜コンビ、無事新十両対決を制した錦富士、初日から白星をあげメデタイ!是非今場所最後まで暴れてほしい。

20200913sumosep5

そして優勝争いに是非絡んで欲しいと期待するのは関脇の正代・御嶽海・大栄翔の3人、初日から皆さんとても良い取組で(どれも見応えありましたね) 特に正代、気合いオーラが初日から出てるってカッコいいぞ正代!(何気に呼び捨て;)
先場所優勝した照ノ富士は東の筆頭になって上位陣と総当たり。ここでやはり残念なのは横綱が不在なこと、優勝しても二桁勝利をしても、横綱が居なかったからとか言われそうで。それでも頑張ってほしいし私も全取組を全力応援、最前列で(また出た;)

20200913sumosep6

そこでーぇ!注目せざるを得ない初日の取組はコレでしょー、貴景勝VS照ノ富士。いつかは当たるとはいえ初日から当てちゃう?な取組。何故か14キロも体重が増えてる貴景勝、今場所は婚約後初の場所になるから気合いも期待も身体も膨らみすぎてびびってます(おめでとうございます;)
で、なんとまーそんな膨らんだ体をふんだんに使って押し相撲の真骨頂?!オス、ドス、オスの貴景勝にあの照ノ富士が押されて初日黒星、少しの唖然と圧巻たる膨らんだ体に目を奪われました(今場所は新しい黒マワシなんだとか;)

20200913sumosep4

唖然と言えば、しめの取り組みとなった東大関の朝乃山VS結婚しても永遠の人気者の遠藤、なんと朝乃山ったら黒星スタート。頑張ったんだけど、テクニックキラー遠藤が本領発揮の見事なお手前、素晴らしい技で朝乃山が背中から土。
マスクの中で口あんぐり、アッパレだよ遠藤さん!屋上で真っ黒に日焼けしたんだよね朝乃山ちゃん(それ関係あります?;) 久々の「亀十 どら焼き」や「國技堂 あんこあられ」を片手に観戦してたのはアタシですよ!マスクしたまま、そっと中に押し込んで美味すぎると唸ってたのもアタシですから!(食事はなるべく最小限に;)

20200913sumosep7

今場所もコロナ対策はバッチリで、会場の観戦者も慣れてきたようで、会話は最低限、拍手と熱視線で応援しました。
さて、波乱な幕開けとなった九月場所、初日から気合い溢れる取組が沢山ありましたね、チェリエッタは満足です!まだまだ行きますよー、最後まで感染対策をしっかりして15日間突っ走ってコロナ打破場所になりすよーに!(感染しない、させない)