やっぱり早々に行ってみた、出来たってわかってるのに近くを通って寄らないとか無理(ですよね;) と言う訳でコロナ禍の中ですが、8月5日にオープンした東京駅八重洲口北口の新スポット、東京駅一番街の手土産専門店ゾーン「東京ギフトパレット」に様子見バンキングしに行ってきましたチェリエッタ・クリオネーラです、コンコンチキワ~(こんにちはチェリ~さん、オープンして間もないエリアですが人はどうでしたか?)
やっぱり今年は非日常よね、行列なんてほんの一部の店だけで、私は多い時間帯を避けたから買い物客自体がまばら。帰省をしないから手土産を必要ないし、なんなら自分の為だけの買い物でしょ? だから密を避けて買い物出来ました上出来アタシ(そ、それは何より;)

20200817tkgiftpl2

「東京ギフトパレット」は、彩り豊かなギフトが揃う東京駅八重洲北口の新スポット。シチュエーションや気分に合わせて選べるスイーツなど、全33ブランドが出店よ。その内、新ブランドや新業態、東京駅初出店のブランドは21店舗もあるから、歩き回らないで良いようにいくつかチョイスして向かったアタシ上出来(自らを讃えるブーム?;)
聞いたところによると「東京ギフトパレット」の天井には2020年3月に東海道新幹線から引退した「700系」の車体のアルミがリサイクル利用されてるらしいじゃん!?700系のアルミリサイクルは、先日デビューした新型新幹線N700Sの普通車荷棚にも使われているみたいだけど、東京駅の柱と天井の部材として使われてるらしい。

20200817tkgiftpl2c

「東京ギフトパレット」には700系4両分が使われてるとか良く分かんないけど凄いの?ねー、凄いよね?(そ、そうですね) そんな新幹線を意識したのは店構えだけではありましぇん!いやー40度越えの気温も非日常ですけどね、良い子のアタシは2月初めからマスクをつけっぱなしだから、しばらくアタシの顔半分をさらさず生きてる非日常を楽しんでるのって生きる術だと思う、アタシやっぱり上出来(何かの宗教ですか?;)
えっと、だから新幹線を意識した新商品を目玉に出店したのがコチラ、元祖「いちご豆大福」の店として知られる「大角玉屋」なんですが、なんと東京駅初出店だったのね。

20200817tkgiftpl2b

ショートケーキを食べていてひらめいたという和菓子に生のいちごを使うというアイデア、それがいまや全国的にも馴染みの和菓子になった「いちご豆大福」。美味い、みずみずしく食べ応えあるのにスっと食べれちゃう「いちご豆大福」。
なんだけどー、今回大角玉屋さんが東京駅で目玉商品として発売させたのは「新幹線もなか」。新型車両N700Sをかたどり、パッケージの車窓からは東海道新幹線沿線の名所のイラストを楽しむことが出来る仕上がり。見た目で「どーせ子供向きなんちょー」とか侮るなかれ、これは期待を裏切り気に入ったからねアタシ上出来(いや、何が上出来?;)

20200817tkgiftpl3

味はこしあん、大納言、いちごあんの3種類。味・デザイン共にこだわった大角玉屋渾身の自信作、うんうん買う。また買う、まだ新型車両N700Sには乗ってないけど、今度乗りながら食べたい(是非) はい次ー!新ブランドの中でもアタシが注目したのは「岡田謹製 あんバタ屋」。
小樽洋菓子舗ルタオを運営する株式会社ケイシイシイによる新業態で、懐かしいけど新しいあんバタースイーツをコンセプトに、希少な北海道産あずき「えりも小豆」を使用したこだわりの餡子とバターのマリアージュが楽しめるスイーツを提案。場所的には「東京ギフトパレット」の中というより外側、出店みたいな店構えがまたそそる。「おかみぃ、熱燗」(どなた?;) メニューは「あんバタフィナンシェ」と「あんバタパン」の2種類。

20200817tkgiftpl3b

伺った時間にはすでにあんバタパンは売り切れ、でもアタシ「あんバタフィナンシェ」を目的に行ってるから売り切れには全く意味を成しません!おかみ、あんバタフィナンシェ下さい!(店員さん、男性です;)
この「あんバタフィナンシェ」は「岡田謹製 あんバタ屋」特製の餡子を生地に混ぜ込んだフィナンシェで、高温で香ばしく焼き上げた生地からエキゾチックなバターの香りが漂う一品なんだぞー。「これぞ和洋折衷。土産に良しな洒落た品」が売り文句、もうバターバターベタベタなフィナンシェの中心に餡が、もう主張が激しくもう分かったから、分かったから落ち着いて岡田はん、アチキ上出来ですやろ?(やはり何かの宗教ですか;) な、なんなんの?その「あんバタパン」て(今さらそこ?;) 

20200817tkgiftpl4

最後にアタシがお届けします上出来情報は、京都祇園に店舗を構える菓子店「京都祇園あのん」どす。実はコチラも東京駅に初出店なんどすえ、そうどすか、かんにんえ(何が?;) いや、この「京都祇園あのん」自体は確かに他にも支店ありますが、ここ東京駅限定品があるんです。それが自家製マスカルポーネチーズとコクのある生キャラメルを最中でサンドした「あんぽーねプレミアム(生キャラメル)」。
サンドしたっていうか、サンドするって話よね。マスカルポーネチーズと生キャラメルはそれぞれ瓶に、別で最中がセットなので、自宅で作り立てを頂けるセルフスイーツでありんす。オトナやね、オトナ。チェリエッタも早くオトナにならなあかんなぁと思ったからね(十分にオトナになられてま・・)

20200817tkgiftpl4c

こちらには他にも「あんどーら」なるどら焼きもおすすめで、コチラも実は「焦がしバターキャラメルあんどーら」ってのがフルネームなんですが、皮がベタベタしっとりなタイプなのですが、焦がしバターでベタベタなのか?隠し味くらいにしか感じないので、しっとり系どら焼きという枠組みで言えば美味しい、小さめなのに結構なカロリーだからバターが贅沢に使われてるんやないかと(なるほど)
他にも沢山お店はあったけれど、こんなご時世なるべく歩き回らず最低限の買い出しでサササッと退散したアタシ、やっぱり上出来(でしたね;) そう言えば8月3日にオープンしてる「グランスタ」新エリアはどうなのかなー、また機会があればだな。皆さんも熱中症にお気をつけて、密を避けマスクを日常に、こんな時代を乗り越えていきましょー!

20200817tkgiftpl4b