前回の「劇団四季」に続き、こちらも前途多難中の多難の中、初日6日前に観客を入れての出航に舵を切った「令和2年大相撲7月場所」。こんにちは、関取がウラジオストクなんて口が裂けても漏らした覚えはありません!でおなじみの、チェリ奴・カンカンテリオスです、オラ(こんにちはチェリ~さん、相変わらずおなじみって使い方間違ってますし意味不明な;)

200719sumo2

初の無観客開催となった「3月大阪場所」から早4ヶ月、普段とは全く違う異様な光景に賛否ありましたが、あれはさすがにやる方も違和感を感じ、最後まで実力を発揮できずに終わった人もちらほら?そんな中、さすがに優勝は安定の横綱・白鵬関で幕を閉じました。
「5月東京場所」は当然と言いますか開催中止。翌「7月名古屋場所」も開催自体危ぶまれましたが、会場を東京・両国国技館に移し「7月場所」として開催決定。あげくに直前の突然の有観客開催!これにはビビりバビでブヒブヒでしたよ、マジで(野球やJリーグが先立って有観客開催したのがきっかけでしたね)

200719sumo6

入場者数は定員約1万1000人の4分の1となる約2500人。チケットは公式「チケット大相撲」でのインターネット購入のみ。席は溜席を使用せず、通路側を除く枡席と椅子席のみ。通常4人で使う枡席を1人にしたり、椅子席は間3席を開けての販売になりました(考えられるだけの対策なのでしょうね;)
とにかく色々普段とは違うの。通常開場は序の口が取組を開始する前の8時から入場出来るのだが、今回は初日から千秋楽までずーっと午後1時からしか入れない。これにはかなりの悲鳴を耳にしたが、感染対策の一環として食事を会場で取らせないようにしたからだと推測。

200719sumo4

普段はレストランや力士弁当、国技館名物「焼き鳥」にイベントでちゃんこを販売、様々なスイーツにお酒と宴会さながらのグルメが味わえるが、今回は三段目上位の取組からしか生観戦できない。売店は1階の東西、2階の東の3カ所だけで「焼き鳥」は基本的に事前予約。当日は土産用として数量限定で売られてましたが、なかなか現地でマスクを外し食べる勇気はないなー。
(チェリ~さんはいつもどおりですね)そ、そうね。観戦は2時くらいからだし、溜席に座るから普段から飲食してないし、誰とも話さずただ目の前の取組に集中しガン見(怖いですねー;)

200719sumo9

入場時にひよちゃんパネルで隠されたサーモグラフィーの検温で37.5度以上の場合は入場できず、館内では常時マスク着用が義務付けられる。大声での声援は禁止で、応援は拍手が推奨。グッズも力士応援タオルなどに絞っての販売なのね(黙って応援するならタオルは必須なのでしょう) パンフレットは即完売してたしなー。
頼むから守ってねお願いお爺ちゃん(声出し応援、今は我慢しましょう) じゃないとまた無観客になっちゃいますから、ここは皆さんで協力しましょー!

200719sumo5

だから私はマスクからギラギラしたガン見のみで勝負を(もう怖いですって・・ってまさか、現地で観戦をば?;) はい、お声をかけて頂き「大相撲7月場所」初日の19日、出来る限りの万全の対策をし、お手本になるくらい微動だにせずお人形のように佇み、相撲協会の前途多難な船出に微力ながら全ての英知を振り絞り参戦致しました(チェリ~さん必殺、無言の存在感;)
大相撲の観戦に際してこんなにも緊張した事はないかもしれません。最近の合言葉である「感染しない、させない」を念頭において様々な行動をしましたが、身体中のあらゆる筋肉が始終ぎゅーっとなるので、凝るは凝るは大変。

200719sumo3

国技館の土俵は地下にあるので、常に換気をするために扉を開けっぱなしにするだけでなく、空気を入れ替える機械も沢山用意してありました。会場は想像以上に静かで、少しの会話でも聞こえてきそう(実際、聞こえてました)
初日だったので、まだ様子見な感じもあったけど、何が面白かったって横綱土俵入りでの「よいしょー」掛け声の部分、自然と拍手で補う一体感!久しぶりに場所に来た!って実感した瞬間で、心の中でおもいっきり「タマヤ~」言うたったわ(それ違う;)

200719sumo8b

相撲は濃厚接触のお手本みたいなものじゃないですか、場所前に通常なら行われている出稽古が完全に中止され、他の部屋の力士との申し合い稽古なしに初日を迎える前例のないことに困惑だらけなのかな? それでも条件は皆一緒、もちろん関取のいる部屋、いない部屋でずいぶん違ってくるのは致し方ないが、こんな中でも場所があってくれるだけで嬉しいと素直に喜ぶ力士もいるだろう。
チラホラとまわしが新しくなってたね、炎鵬関の大人カラーなグレーグリーン?同じ部屋の石浦関も新しくなってた、そうそう!マコりんがエンジ色に(徳勝龍関ね;)

200719sumo8

何より今回楽しみにしていたのが、新大関の朝乃山関。3月場所後に昇進したんだけど5月場所がなくなったから、今場所が大関としてのデビュー!初日から安定の白星で見ていて気持ち良かったー。このまま15日間突き進んで欲しい。ぎゃんばれ朝乃山きゅんきゅん(ふれー、ふれー;)
他にもチェリ奴が今場所注目している力士をご紹介。3月場所に見事十両優勝を果たした琴勝峰関、今場所は幕内に昇進し最年少幕内力士だぞー。なんと初日から元大関の高安関から白星!身体も何だかムキムキになってたしイケイケだぞー。その兄弟子の琴の若関も初日から絶好調。この2人の躍進は世代交代の代表みたいよね(楽しみですね)

IMG_2200

まだ今日は初日、これから無事に15日間完走できるかは私達観戦者のモラルにかかってると思う(感染しない、させない、ですね)そう!あとは初日から金星を与えてしまった横綱 鶴竜関、角番の貴景勝関がどうなっていくかも見ていきたい。感染しない、させない。続く・・