先日いつもと違う時間に乗った全日本空輸(ANA/NH)、ブラウンで統一された落ち着いたプレミアムクラスの空間にびっくりした。昨年11月半ばに就航した国内線新仕様機じゃないの~♪ 1日1往復で羽田ー福岡間に投入されてたんだった。
この日の新仕様機「ボーイング777-200ER」の座席数は392席(前のは405席)で、プレミアムクラスは28席(前は21席)と増えたわ。配列は2-3-2席。プレミアムクラスのデザインは、国際線用「ボーイング777-300ER」新仕様機を監修した英のアキュメン(Acumen)社が担当し「国際線ファーストクラスのイメージとつながりがあるデザインになっています」との事。

20200129anaprem2

そんなプレミアムクラスのシートは「サフラン・シート・US(旧ゾディアック・シート・US)」製。革張りから布地に変更されて、クッションは堅くなったけど滑りにくくなったよ。座席幅はクラス最大の56cmで、3席並中央のみ52cm。
固定式の大型ディバイダーでプライバシーも安心。スイッチ一つで操作できる電動リクライニングは、リクライニング部分が余り出っ張らないようなって、隣人の移動がしやすくなったよう。サイドにはペットボトルなどが入る収納スペースを設け、電源コンセントと充電USB端子もある。前座席ポケットにはいつものブランケット・スリッパ・ヘッドフォンなど。

20200129anaprem1

PCも置けて食事も余裕の大きめテーブルは軽くて90度回転もできる。何よりモニターがデカデカでANA国内線中大型機最大サイズの15.6インチ。タッチパネル式だけど、結局コントローラ色々遊んじゃう。ちなみに新仕様機は777-200が8機、787-8が11機で、777から順次改修を進めて2022年度上期までに導入する予定。
とまぁそんなANAに乗ったら「羽田空港国内線旅客第2ターミナル」で一息付くのもお決まり。マーケットプレイス地下1階にあるお久しぶりの「メルセデス ミー 東京羽田(Mercedes me Tokyo HANEDA)」に行ったよ。店舗前の「ギャラリースペース」で最新モデルのメルセデス・ベンツ車両を常時展示、この日はシルバーに輝く「CLA 250 4MATIC」。

20200129anaprem3

我が家も長年メルセデス・ベンツにお世話になっているので、最新モデルを拝見するのは楽しい。なるほどこれのヘッドライトとテールランプは新デザインなんだね。64色のアンビエントライトがあり好みの色でのドライブができるそうだけど、かなり派手だな~(笑)
「メルセデス ミー 東京羽田」はレストラン/カフェ/ラウンジの3スペースになってて、限定グッズやオリジナルフードを販売している。木の温もりのインテリアの中にベルセデスらしい黒を効かせた内装で、色んなチェアーデザインが揃って座り心地も選べるわ。奥に見えるのが、卵型の木製オブジェが目立つ「エッグセレント バイツ(eggcellent BITES)」。

20200129anaprem6

オーガニックの卵を使用した「エッグベネディクト」が入ったスタープレートや、表面にメルセデス・ベンツの「スリーポインテッド・スター」が施された「スターラテ」、お持ち帰りスイーツとして人気の「エッグタルト」がお勧め。
真ん中目立つ場所あるラウンジはドーナツ専門店「クリスピー クリーム ドーナツ(Krispy Kreme Doughnuts)」よ。ちょうど2月14日バレンタインまでの可愛い限定ドーナツが並んでいたので、思わず吸い込まれる様に入った。まずはカプチーノをお願いして・・・、ドーナツは羽田店限定のピンクな「ストロベリー ザーネ」や「スイート ストロベリー マジック」も気になったけど、まずはベンツマークが施された「ベルリーナ ベルギーチョコ」をゲット。

20200129anaprem5

ベルリーナとはドイツの伝統的なドーナツの事。ホワイトチョコでコーティングしたドーナツにベルギーチョコ入りの濃厚なクリームが詰め込まれているの。加えてもう一つ選んだのは、東欧の伝統菓子をイメージ「ザッハトルテ」。しっとりとしたチョコレート生地にアンズジャムを塗りチョコレートでコーティングしている。これにはベンツマークのチョコレートが乗っているわ♪
ちなみにカフェレストラン「メルセデス ミー」は、ここ羽田空港の他は六本木とグランフロント大阪にある。そちらでは2月14日まで「Mercedes me Valentine 2020」を開催、バレンタイン用のオリジナルギフトセットや「DOWNSTAIRS COOFFEE」スペシャルドリンクを販売している。300SLがモチーフのクリップマーカーやワインストッパーなどもある様だから面白そうね。