春らしく爽やかな気候のこの日、宿泊先の「ハイアット セントリック 銀座東京(Hyatt Centric Ginza Tokyo)」から車を走らせるのは東京湾ウォーターフロントの天王洲アイル。運河沿いにあるリノベーション倉庫「Warehouse TERRADA」よ。昔は食糧庁の米倉庫だった寺田倉庫、近年は新ビジネス概念として、従来の保管業だけでなく美術品やワインの保管、映像・音楽メディアの保管、クラウド収納サービス、更には街作り・文化作りを組み込んだ不動産・空間プロデュースなども手掛けて話題となっているの。
招待状にある地図のLVマークに到着すると、沢山の黒スーツなスタッフ達と担当嬢が出迎えてくれた。ウッドデッキを通って運河側に案内される・・古い建物を活かしたシンプルな鉄骨とガラス、ウッドとアートでオシャレな倉庫が並ぶ。良く見ると展示会場やインテリアショップ、カフェなどに使われているよう。

20190306vuitton1

路地から出て一気に視界が広がると、陽に煌めく運河に大小様々カラフルなクルーザーが浮かんでいる。これからの季節はさぞ過ごし易く心地よいエリアになるだろう。この日はそんなキャナルサイドを貸し切って、ルイ・ヴィトンらしく贅沢に「2019春夏ウィメンズ・コレクション・ショー&受注会(Louis Vuitton Women’s Spring-Summer 2019 Fashion Show)」が行われるの、素敵ね♪
前日「ルイ・ヴィトン 銀座並木通り店」で購入し着用して来た「2019クルーズ・コレクション(Louis Vuitton 2019 Cruise Collection)」もピッタリの風情。そこへその南仏で行われた「2019クルーズ・ショー」にアテンドしてくれたLV東京本社プライベート・クライアントの美人やり手ディレクターとキュート癒しアシスタント・マネージャーが揃って挨拶に来てくれる。

20190306vuitton1b

その他も相変わらずイケメンの銀座並木通り店長、更に各店舗の担当嬢に新・旧店長など沢山スタッフの皆さんが挨拶に来てくれ、楽しい話題にテンションも上がる♪ 気持ちよい河沿いウッドデッキで歓談するも気付けば時間が押していると、メイン会場「B&C HALL」に案内される。真っ先に目に入るのは正面にそびえる階段、長い斜面に「LVロゴ」が綺麗に浮かんでいるよ!
これは昔のトランクに刻印されていたルイ・ヴイトン家の標章(1854年創業)で、1908年に商標登録された物。これをアーティスティックディレクター ニコラ・ジェスキエール(Nicolas Ghesquiere)が未来的にゴージャスに復活させ、今やLVの象徴となっているわ。見渡せばここはラジオスタジオも併設したイベントスペース、ワークショップやマーケットなどが開催される場所・・そうだ以前某ブランドがランウェイを作っていたね!?

20190306vuitton7

BMWのイベントもあってた。打ちっぱなしの壁に配管、シンプルな造りのその奥に今シーズンを表すLEDライトが白々と連なるミニランウェイが設置してある。そうそうニコラらしい贅沢な演出の「2019春夏コレクション」、パリのルーブル美術館・中庭クール・カレに作られたあのガラス張りの特設通路を想い出す。シートに案内され対面を見上げるとガタン!と2階から業務用エレベーターが降りてくる(モデルが乗っている)・・
そして大音量のあのBGM!ここ数コレクションずっと担当している仏アーティスト「ウッドキッド(Woodkid)」の「Standing on the Horizon」が流れて来た!エキゾティックな音色は、モーゼス・サムニー(Moses Sumney)の声をアルメニアのフルートでモーフィングしているんだよ。さぁファーストルックがやって来た!今季基本のプリーツとロープインサートを施したボリュームスリーブは既に予約済み。

20190306vuitton8

お馴染みのフューチャリスティックと印象的なハイブリッド、ビッグシルエットやシャープさ力強さ、現代社会テーマ「女性の強さ」を表現している。そして「ジェンダーレス」、あのマニッシュなルックも登場したわ。もうテンションマックス!80年代を彷彿とさせる肩ラインや「LVタワー・モチーフ」や「フローティングシティ・モチーフ」などのグラフィックプリントや、SFシリーズのモノグラムバッグ、爽やかなブルーやピンクなどカラフルポップな色使いも特徴的。
そこへスタッフ達お勧めの、赤やシルバーのスパンコールネットの刺繍ドレスも登場♪ 宇宙服と言うより甲冑風なそれは生で見ると一層キラキラゴージャス!どこで着る?!ラストに登場の、ギラギラシルバーメタリックなジャカード織りにフローラル・モチーフのジャケットは、何度も着れなくても一目な1着などなど目移り満載。

20190306vuitton3b

あっという間に楽しいショーも終わり、もう一回したいなぁと思いつつまた正面階段の所に行くと、向こうに見えるフォトスポット(記念撮影ブース)に人だかりが出来ている。今季を象徴するレトロ風スプラッシュ・プリントの中にLEDライトなピラミッド、そしてコレクションが並ぶ。皆さん順番待ちしてその中に立ちスタッフが撮影すると言った感じね。さぁ私達はスタッフ達数人と一緒に、早速今見た商品を手に取って拝見しに行こう。
正面階段を上がって2階にはランウェイの上にあたり、モデルが着ていたホヤホヤのショー服が置いてある。キッチンが完備してありケータリングも可能。もう一ヶ所は建物を出て、最初に来たウッドデッキを戻って更に全く別エリアに行った所の倉庫。ここは色んなサイズの物とショーに出ていなかった商品も含むプレス用の展示ルーム。私達はまず後者に移動して、用意してくれてたフィッティングルームを陣取った。

20190306vuitton4b

見たばかりの新作キラキラの服達にワクワクで、何着か候補を身体に当てて行く・・どれもこれも欲しいね。構築的なスリーブシルエットのシルクジョーゼット白ブラウスは、さすがニコラ的プリーツフリルと肩のオートクチュール風ボタンが素敵。ニコラらしいマスキュリン&フェミニンなブレザーも気になった。シルクウール混紡ギャバジンのダブルブレストでタキシードラペルが良い・・
などなど色々と物色チョイスした上でまたさっきのメイン会場に戻り、LVロゴ階段を上った2階で更にコレクションを拝見する。そうそうアクセサリーも面白かった。今季はボヘミアンスタイルな「LV フェザー」シリーズが登場。マルチカラーの枝やゴールドのフェザー、シルバーのメタルをレイヤー状にしたピアスとネックレスが華やか。加えて小型のパーティーバッグならUFO形のモノグラム・キャンバス「トゥピ」が可愛いね。

20190306vuitton4

これもモノグラム・キャンバスでチェーンがポイントの恐竜の卵型「LV EGG バッグ」もインパクトあるし、アクセサリー的に持てるチェーンとトランクロックが光るモノグラム・キャンバス「リップスティック ケース」も人気出そうだわ。そんな訳でしっかりお買い物を満喫した後は外に出て、数人のスタッフ達と共に運河に浮かぶクルーズ船に向かおう♪ ここは常に陸とつながっている水上ラウンジ。
この「運河に浮かぶイベントスペース」はあの建築家・隈研吾氏が監修しているの。地下・1階・トップデッキの3層(定員170人)から成っていて、今回の様にブランドのパーティーやライブなどに使われるそう。桟橋を渡ると広がるトップデッキ・・目に飛び込むのはネオン管で作った大きな「LVロゴ」、夜にはカラフルLEDカラーに浮かぶわ。並ぶテーブルの天板にもLVロゴ、細かい演出だね。しばし遊ぶも運河からの冷たい風がに負けて1階に降りる。

20190306vuitton5

入ると広いフローリングのイベントスペースになっていて、一角にはドリンクコーナーがある。奥にはネオン管の丸いLVロゴスペースがあり、音響設備やプロジェクターもあるとの事で、夜の時間帯にはそこにDJブースを設置したらしい。イケメンさん達がドリンクなどをささっとサーブして行く。水面の光が船内にキラキラと穏やかな空間で、スタッフ達と歓談しながらシャンパン「ヴーヴ・クリコ ポンサルダン ブリュット イエローラベル(Veuve Clicquot Ponsardin Brut Yellow Label)」とフィンガーフードを頂くよ。
更に地下フロアに降りると、丸い窓の下はすぐに水面と言う船ならではの空間の中、テーブル席に座ってドリンクやフードが頂ける。そうそうそんな地下にはフォトスポット(記念撮影ブース)も設けてあり、今季のLEDライトが連なるランウェイを模した中でモデルポーズが楽しめる。奥にはちゃんとルーブルのガラスのピラミッド(イオ・ミン・ペイ設計)も見えたよ。

20190306vuitton6

とまぁこんな感じで、大掛かりな「LVショー&受注会」を紹介してみた。いつものプレヴューショーは関東顧客中心に大型店舗(六本木ヒルズ店表参道店)で行われるが、今回は珍しく全国各地から顧客が幅広く招待されていた。スタッフも各地方から集められて賑やか、改めて「ルイ・ヴィトン」と言う企業の大きさを実感できたわ。
おっとそうだ!今夜午前2時過ぎに、お馴染みパリのルーブル美術館で次なるコレクション「ルイ・ヴィトン 2019秋冬ウィメンズ・ファッションショー(Louis Vuitton Women’s fall-winter 2019 Fashion Show by Nicolas Ghesquière)」が行われるよ!ショーに先駆けて、ダミエ柄の新作「ヴァリゼット」や「ツイスト」が公開されてたね。今夜は当然起きてライブ配信を待つわ、とっても楽しみ♪ 続く・・

20190306vuitton2