年明けも怒涛のスケジュールに追われ、気が付けばすっかり2月に突入!?色々ご報告もしなければならないのに、なかなか手が付けられず申し訳ありません(汗;)追々時間を見つけてアップしますのでご容赦を~。と言う訳で取りあえず数日後に迫ったバレンタインに関するスイーツなどを、多忙モテチェリ~に代わって今年は私からの紹介とさせて頂きます(合掌)
毎年恒例で重要な、3月ホワイトデーまで続くラブなイベント♪ 今年のバレンタインディナーとしてご紹介するのは、フランスからのヴァレンタイン村・・・おっとこれは次回と言う事にして、今回は軽く方々に配るショコラの話。まずは、数年前からバレンタイン時の我が家定番である「フィリップ・ベル(Philippe Bel)」のショコラアソートと、「フランク・ケストナー(Franck Kestener)」のショコラアソートから。

サロン・デュ・ショコラ Salon du chocolat

これらはお馴染みショコラの祭典「サロン・デュ・ショコラ 2019(Salon du chocolat)」からのチョイスよ。2004年にM.O.F.を取得したフィリップ・ベル。大手メーカーでコンサルタントを長く務め、2006年に独立してリヨン郊外に店舗兼アトリエを開設、今やリヨン市内の2店舗に加えてラボも開設。彼と言えば「リキュールボンボン」なんだけど、今年は「ダマンドだもんね」と言うダジャレに惹かれてゲット?!
プロヴァンス産アーモンドを使ったパート・ダマンドがベースよ。ココナッツ&カレー、くるみ&コーヒー、生姜・ラム&レモンのコンフィ、オレンジ&ウイスキー。素材と相性のいいチョコレートを組み合わせた5種。続くフランク・ケストナーは、2003年に27歳でM.O.F.を取得。今回の「サロン・デュ・ショコラ 2019」にも来日し、2月14日まで開催中の福岡会場では1月31日に登場しトークショーを行ったわ。

20190211valentine1

代々ブーランジェリー&パティスリーを経営する家の5代目で、伝統や家族を大切にする精神性が、彼のクリエーションの柱でもある。地元サルグミン村に広大なアトリエ兼ショップを構え、今ではパリなど3店舗を運営。近年カラフルなタブレットも注目されてるね。彼と言えば目を引くアルファベット「K」の黒ボックス、「K」なメンズに好評なの。今年の「サロン・デュ・ショコラ」のテーマが「ショコラは自然の贈りもの」Tous les goûts sont dans la Nature!なので、彼は「木」の全てを5種のショコラで表現したそう。
バラ風味のマジパンと苺のパートドフリュイの2層で「花」、メープルシロップ風味のアーモンドプラリネで「樹液」。バーベナ風味のガナッシュ「葉」など。その他は、これらも毎年お馴染みお気に入り定番、「ピエール・エルメ・パリ(PIERRE HERMÉ PARIS)」の醍醐味をシンプルに味わえるカカオ45%な「キャレ・ショコラ」や、スカルが可愛すぎる見た目重視の「コンパーテス ショコラティエ(Compartes Chocolatier)」オリジナルトリュフ。

20190211valentine2

そうそう私個人的に、ワインに加え紅茶も好きな主人に贈るのは「マリアージュ・フレール(Mariage Freres)」の定番茶葉「アールグレイ・インペリアル」と、紅茶専門店ならではのマリアージュが楽しめるチョコレート「ショコラ・デ・マンダレン」。日本では冬限定商品よ。茶葉と同じ「アールグレイ・インペリアル」を使ったチョコレートもあるんだけど、今回選んだのは「マリアージュ・フレール」を代表する「マルコ・ポーロ」を高品質カカオのガナッシュに閉じ込めたもの。
実は我が家で最も消費される紅茶が「マルコ・ポーロ」。アジアの甘い花とフルーティさが華やかで濃厚な香りを凝縮したチョコレートを、更にまろやかなミルクチョコレートでコーティングしているわ。そしてもう一つは我が家的定番「ラ・メゾン・デュ・ショコラ(La Maison du Chocolat)」から、2019年バレンタインコレクション新登場の

20190208valentine3

華やかな紅白「クール・ア・ラ・フォリ」。「狂おしいほど」の愛を込めた大きなハート形のブシェよ。ホワイトチョコレートのプレートをのせたアーモンド&ヘーゼルナッツのリッチな味わいのプラリネが入った、豪華な限定品。更に我が家お馴染みと言えば「ジャン=ポール・エヴァン(JEAN-PAUL HEVIN)」。となる紹介するのは今祭典大注目の「サロン・デュ・ショコラ」会場内限定メニュー「タルトレット・オ・ショコラ・スフレ」!
白ハートは「エヴァンからのLOVE♡」との事で最強。福岡会場では1日40個限定なので、朝イチで行ってももちろん行列必至の即完売!エヴァンお馴染み建築家ジャン・オッドによるイラスト・ペーパーに包まれた焼きたてのそれは、とろけるスフレの中にマダガスカル産カカオを使ったガナッシュが入っている。ふわふわ濃厚でさすがエヴァンめちゃ旨い♪

20190208souffle1

ついでに同じテイクアウト物で言えば、今年バレンタイン限定(大手百貨店のみ)で出ました「ゴディバ(GODIVA)」から同国ベルギー発祥のワッフル「ゴディバ ショコワッフル」!バターたっぷりのクロワッサン生地を使用したモチモチワッフル生地に、びっしり詰まったゴディバのチョコレートがとろけて予想以上に美味しいわ。トッピングのダークチョコレートクリームも濃厚で、シンプルにゴディバチョコとワッフルを楽しめる「ゴディバ ショコワッフル ダーク80%クリーム」がお勧め。
そんな訳でメインのプレゼントには「シャネル(CHANEL)」初のメンズ用メイクアップライン「ボーイ・ドゥ・シャネル(BOY DE CHANEL)」も用意したし・・そうそう!昨年秋に改装した銀座「ベージュ アラン・デュカス 東京(BEIGE ALAIN DUCASSE TOKYO)」では、バレンタイン当日だけの限定スペシャルデザート、

20190212godiva

ピンクハートな「ショコラとフランボワーズ」も登場するから、バレンタインデートに最適よね?! さぁ今年の主人からの逆バレンタインは何かな??ワクワク 来月本命ホワイトデーまで我が家はラブラブ幸せイベントに盛り上がるよ!