この日宿泊先の「パレスホテル東京(Palace Hotel Tokyo)」から車を走らせたのは九段下にある「kudan house」。ルイ・ヴィトンの特別顧客向けスペシャルイベント「LOUIS VUITTON 2018 Exotic Leather Bag」が行われているからよ。靖国神社の裏側に位置するこの「九段ハウス」とは、1927(昭和2)年に竣工した「旧山口萬吉邸」の事。
設計を木子七郎氏と助手の今井兼次氏、構造設計が内藤多仲氏。当時流行のスパニッシュ風洋館の歴史的建造物(耐震鉄筋コンクリート構造)として知られているわ。昨年より設計を竹中工務店、施工を東京理建でリニューアルを開始(地下1階・地上3階・延床面積約850m2)。今年5月には国の登録有形文化財に認定された。建築インテリア好きの私的には、LVに加えてこれをじっくり拝見出来るのも楽しみにして行った。

20181117exoticleather1b

山口萬吉氏は1897年生まれの新潟県長岡出身の事業家。新日本石油の前身会社設立メンバーとして知られている。車を降りると大きな門が開いていて、LVスタッフ達がずらっと並んで出迎えてくれる。イベント会場として改装されたので、エントランスに向かうアプローチにはなるほど大きなショーケースが設置。そこには色取り取りの「ルイ・ヴィトン エキゾチックレザー バッグ」がアレンジしてあるわ。
陽も落ちようとする中スペイン風洋館に照明が浮かんで美しい風情。エントランスには元々ある「モノグラムフラワー」な壁穴が正にLVイベント会場に相応しい。庭には樹齢100年越える物が多く植えられて緑豊か。有形文化財と言う事で館内(フローリング)を傷つけない様に、玄関ではヒールの女性客にはスリッパが渡される。アーチ玄関横にあるのはいわゆる応接間、入ると南仏「2019年クルーズ・コレクション・ショー」でお逢いした

20181119exoticleather1

LVのインハウス・マスター・パフューマー ジャック・キャヴァリエ=ベルトリュード(Jacques Cavallier-Belletrud)による「新作フレグランス(LES PARFUMS LOUIS VUITTON)」がふんわり漂って既に「ルイ・ヴィトン」の世界。古き良き大正ロマンな懐かしい部屋にアンティーク家具に馴染む「LVトラベルラゲージ」、カラフル様々な形のルイ・ヴィトン希少レザーや
エキゾチックレザーを用いたバッグ類がさりげなくディスプレイされている。この部屋には財布など小物や可愛い小さなバッグが多いが、実は既に小物類ですら一目で分かる桁違い。テーブルや棚、暖炉上にも女性好み「プティット・ボワット・シャポー」「カプシーヌ・ミニ」なども可愛く並ぶ。ピンクのイブニングドレスも飾っている。どの部屋も入り口や窓枠がアーチ型、繋がる廊下は石畳に白い壁で素敵。大正明治らしいリゾート情緒が、

20181119exoticleather2b

点在する贅沢なバッグ達(各数百万円)にぴったりよ。廊下突き当たりにはフランスからやって来た、卓越したサヴォアフェール(匠の技)を持つ職人が、作業を披露説明などしてくれる。そんな作業デスク横にはなんと!建築家フェルナンド&法律家ウンベルトによるデザイナーデュオ、カンパーナ兄弟(CAMPANA Fernando & Humberto)の
アートな卵型チェア「Cocoon」があるじゃない?!大きなグリーンの揺れる「コクーン」、これ次の自宅改装時に欲しいんだよね~♪1千万円超えるけど(笑) かなり重厚で存在感すごい。隣にはアトリエ・オイ(atelier oï)の「Stool」が並ぶ。続く隣の部屋にはオーストリッチやクロコダイルのメンズ・バッグや小物類と共に、モノグラム・フラワーをモチーフにした吉岡徳仁の「Blossom Stool」がメタルゴールド(350万円)も含めて3色展示。

20181119exoticleather2

更に別部屋にはロー・エッジ(Raw-Edges)の「Concertina Chair」もあったわ。これらは2012年に始まったプロジェクト「オブジェ・ノマド コレクション(The Objets Nomades)」。世界の著名デザイナーが「旅」をテーマに創造するトラベル&ホームコレクションよ。12組のデザイナー25アイテムで、デザイナー達の感性がルイ・ヴィトンならではの上質な素材や職人技と融合する、
正にオブジェのゴージャス家具たち。そして加えて今回、この「エキゾチックレザー バッグ」展示会に先駆けて新たに発表されたのが「ルイ・ヴィトン レ・プティ・ノマド(LOUIS VUITTON LES PETITS NOMADES)」。「オブジェ・ノマド」の世界観を引き継ぐ小物のコレクションなの。ここでお披露目と言う訳ね。見渡せば、カンパーナ兄弟によるケスネリア属ブロメリアをモチーフにした「Tropicalist Vase」があった。

20181119exoticleather3

2色レザーの花びら176枚を手作業で施したベース・・う~ん何とも贅沢。ピンク赤のレザー小物やフレグランスと一緒に飾ってあった可愛いレザーフラワー「Origami Flower」は、アトリエ・オイの「オリガミ・シリーズ」。5種類15色展開で、これももちろん手作業によって作られるわ。その横にはマルセル・ワンダース(Marcel Wanders)による「petit Diamond Mirror」。
マルセルらしい幾何学デザインで、八角形ミラーを囲むように25枚の小三角形ミラーが配されている。LVレザーとのコントラストが独特豪華なミラーね。そしてバッグと共に棚にさりげなく置かれていたのは、アトリエ・オイのモノグラムモチーフな「Leather Rosace Vase and Tray」。カラフルで豪華可愛い、これは「オリガミ・フラワー」とセットで置きたいわね。更にパトリシア・ウルキオラ(Patricia Urquiola)の

20181119exoticleather1b

4枚レザーが抱き合っているかのようなバスケット「Overlay Bowl Wide」。などなどどれも最高の素材と最高の職人技、そして世界名だたる最高のデザイナーによる特別な作品たち。当然ながら高価なので、1つずつでも購入して我が家に集めたいわぁと妄想が膨らむ。そうして、更に奥に進み地下のイベントスペース(旧ボイラー室)に降りて行くと、びっくり!ガラスの向こう漆黒に浮かぶ巨大ミラーボール・・
それに映し出されるプロジェクションマッピング?!一気に宇宙空間状態で遠近感がなくなる。青やグリーンなど渦巻く未来空間中、キラキラ浮いているのはベージュのクロコダイル「カプシーヌ」?!バックルはダイヤモンドがびっしりの超スペシャル仕様!聞けば2千万円超え!うわ~これはバッグではないな宝石・・「なるほどこれはフューチャリスティックね」と意味不明な台詞で通り過ぎる(笑) そうそう、そんな夢の様な館の各所に

20181119exoticleather5

セットしてあったのは豪華なフラワーアレンジメント。それらはフラワーアーティスト中川聖久(Massa & Artist)によるものだった。特に次なる部屋のジャングルの様な空間は素晴らしかった。青々と茂る南国緑の中に浮かび上がるクロコダイルなどのカラフルビビットな「エキゾチックレザー バッグ」♪ お馴染み「ツイスト」「カプシーヌ」「シティ・スティーマー」・・・
イベント限定デザインも含めて驚くほど豪華な素材で並ぶわ。一目ぼれしたのは絞染の技術を使った物。フランスの技術者がわざわざ日本で学んで大変な努力で作ったと言うスペシャルな品よ。実は最初上階リビングで小物の「3色絞ピンク」を見つけて綺麗だな~と思っていたら、ここで小さなシャポーの「3色ブルーグリーン」に一目ぼれした!さすがに「プティット・ボワット・シャポー」はあまりに小さいし、「クラウンフレーム」は他に限定品を持っている。

20181119exoticleather6

シティ・スティーマーは「2色絞ローズ」「2色絞グリーン」「2色絞イエロー」があったので、シティ・スティーマーの3色絞りが欲しいと言ったが素材が限られていて作れないとの事。2階会議室でイケメン達にシャンパンを注いで貰いながら、「輝く白クロコ」など検討するもやっぱり一度魔法がかかったらムズムズしてくる。数名のスタッフ達と長い時間あれやこれや議論を続ける。
気分転換に3階の屋外テラスに出ると、3色のモノグラムフラワーがドーンと浮かび上がり、ホットドリンクを作ってくれるイケメンに、フードをサーブしてくれるイケメン(笑)大好きなイケメンLVジャパン デヴィッド・ポンゾ(David Ponzo)プレジデント&CEO が、このテラスの心地良さと景色を気に入ったと言う事で、ここの再建にもLVMHが一役かっているよう。夜風に当たりながら一息、スタッフ達がバタバタと

20181119exoticleather3b

フランスのアトリエに連絡を取りつつどこまでオーダー可能かを話し合っている。主人は「メルセデスEクラスは買える値段だよ」と遠い目をしているが、私はワクワク魔法がかかってとても楽しかった。気が付けばすっかり遅くなって、マルセル・ワンダースなレストランのディナー予約時間になってしまった。フランスとの時差もありこの日には結論は出ず持ち越し。
そう言えば「ルイ・ヴィトン」は来年、生産スピードを上げる為に6千m2の新アトリエを仏ロワール地方ボーリュー・シュール・レイヨンに造る。現在バッグは生産から店頭に並ぶまで2週間かかるが1週間にしたいとの事(今回の様なスペシャルオーダーは半年から1年)。なるほどますます発展して頼もしい限り。と言う訳でいよいよホリデーシーズンがやって来て、LVでも可愛い動画など色々キラキラ系グッズが登場。この季節は特別エディション「ヴィヴィエンヌ」や

20181119exoticleather4

オルゴール「ボワット・ア ムジーク」、キラキラオーナメントなど細々した物まで沢山楽しい♪ そうだ、ジャック・キャヴァリエ=ベルトリュードによる「パフュームド キャンドル」も発売されたんだよ♪ 彼曰く「自然の中を漂う香りを屋内で感じられるようなものにしたい」との事。「レール・ドゥ・ジャルダン(L’Air du Jardin)」「イル・ブランシュ(Île Blanche)」
「フーユ・ドール(Feuilles d’Or)」「ドゥオール・イル・ネージュ(Dehors Il Neige)」の4種類。インダストリアル・デザイナー マーク・ニューソン(Marc Newson)が手掛けたハンドメイドセラミックの白器に入っているの。ゴールドの蓋は点火時は下に敷いて置ける。LVらしいヌメ革のハンドルもいいよね。ワクワク幸せなホリデイシーズン到来、遊び心溢れる素晴らしい芸術作品たちを沢山見つけて皆で楽しもう~♪ 続く・・

20181119exoticleather4b