行楽の秋!先日サクッと東北まで足を延ばして来たよ♪ 福岡から仙台までは1時間45分でJAL(J-AIR運航)が一応飛んでいるけど、エンブラエル190(E90)と言う95人しか乗れない小型機でJクラスまでしか設定がない。よって一旦羽田空港までいつもの大型機(777)「ファーストクラス JAL SKY NEXT」で飛んでから、東北新幹線「はやぶさ」に乗る事にするわ(東京から仙台1時間半)。
東北新幹線と言えば東京から新青森、更に今や北海道新幹線の新函館北斗駅まで伸びている。中でも「はやぶさ」は最長最速320km/h。いつも「アマン東京(Aman Tokyo)」のスイートから東京駅に出入りするその緑色の車両を見下ろしていたので、久しぶりに乗車するのが楽しみ。わくわくしてホームへ行くよ。するとそこに現れたのは赤と緑!?うっそ~緑のE5系「はやぶさ」15mロングノーズに、あかね色のE6系「こまち」が連結してるじゃない?!

20181012jalfirst

クリスマス的に可愛い♪ 共にこのロングノーズによって高速による音や振動を抑制できるのよ。鮮やか緑色のボディにピンクライン、そしてハヤブサモチーフのロゴが東北新幹線。緑色のボディに紫のラインで、シロハヤブサモチーフのロゴだと北海道新幹線なの。もう1つ車両に見えるフェニックスモチーフのロゴは「東北6県と新潟県の観光客誘致」。この日乗るのはもちろんE5系10両編成の10号車「グランクラス(Gran Class)」、定員18名。
普通車・グリーン車の更に上のクラスで「新幹線のファーストクラス」と言う位置づけ。「はやぶさ」の他にも「はやて」「やまびこ」「なすの」の一部や、北陸新幹線「かがやき」「はくたか」「あさま」にもグランクラス設定が出来ているわ。グランクラスは先頭車両なので、他車両から出入りする人がいなくて安心。木とメタル、赤いカーペットでモダンな空間の中、座席配置は1人用×2人用の3シート6列、東海道・山陽新幹線グリーン車より広い。

20181012hayabusa2

アイボリーの本革シートは、JR東日本とドイツ「レカロ社」と川崎重工・日立製作所とのコラボレーションによる物。レカロ社と言えば「メルセデス・ベンツ」や「JALファーストクラス」の座席を作っている。そうそうドイツ「ルフトハンザ航空」のレザーシートも良かったもんね。バックシェルタイプのリクライニング45度、シートピッチは130cm、座席幅は52cm。
座席間には半透明のパーテーション、肘掛部にカクテルトレイ。肘掛の中には折りたたみ式2段階テーブル、電源とコールボタンもある。前にも思ったけどやっぱり見た目も機能も「JALファーストクラス」にそっくり(笑) アメニティはスリッパやブランケット、靴ベラにアイマスク。そしてグランクラスでは食事のサービスもあるわ。和軽食と洋軽食があり選べるの。行きに選んだのは和軽食だったんだけど、これは上り(東京の味)と下り(東北の食材)でメニューが違うの。

20181012hayabusa3

秋らしい内容で「きのこと栗のゆばあんかけ」「秋刀魚竜田揚」「茄子揚煮」「玉子焼」「焼き合鴨辛子風味」「帆立貝ひも数の子和え」「野菜入り豆腐寄せ」「人参・葡萄・椎茸」「季節御飯」。帰りに選んだのは洋軽食でこちらは季節替りのサンドイッチ。「岩手県産ベーコンと金ごまごぼうサラダとチーズのサンド」「クルミ入りかぼちゃサラダとチーズのサンド」「岩手県産純和鶏のグリル バジル風味」
「東北産ラ・フランスのシラップ漬け」「キウイフルーツ」。ドリンクは「グランクラスのロゴ」入りオリジナルグラスで提供され、アルコール・ソフトドリンクなど10種類以上から選べる。おつまみと茶菓子もあったわ。行きは長野・井筒ワインの赤ワイン「井筒ワイン メルロー2017」で、帰りは山形・高畠ワイナリーの白ワイン「嘉-yoshi-スパークリング シャルドネ」を選んでみた。これらのサービス内容も飛行機と同じ様な感じね。

20181012hayabusa4

とそんな訳でついでに、この前後の羽田から福岡間のJALファーストクラス機内食も挙げておこう。往復共に「料亭 霞月楼」監修のもの。羽田着便は小鉢「小松菜と椎茸の忍び直七果汁浸し 糸がき」「北海サラダ 蟹 胡瓜 玉葱 イクラ」、主菜「鮭西京焼 海老真薯春巻き 菊の葉」「飯村牛と土浦蓮根きんぴら シナモン粟麩」「ミニトマトライチリキュール蜜煮 南瓜煮」。
羽田発便は、小鉢「菊菜のお浸し 〆地茸 黄菊 糸がき」「穴子ざく 胡瓜 若布 生姜酢漬」、主菜「秋刀魚柚庵焼 かすみ鴨照焼 煮抜玉子 菊の葉」「茨城県産蓮根酢漬 海老香り揚げ霞月楼風 茨城県産さつま芋檸檬煮」。往復共それらに加えて「俵御飯 茨城県産ふくまる」「焼きばら海苔の味噌汁」「茶菓 志ち乃 てぼ豆ノどら焼き」も。そしてお願いしたシャンパンは「ニコラ・フィアット コレクション ヴィンテージ2008(Nicolas Feuillatte Collection Vintage Brut 2008)」だった。続く・・

20181012hayabusa5