急に秋めいて秋服を準備したらまた暑くなったり、次々と台風が私を追いかけ予定を変更させるとか、毎日色々な変化の対応に追われておりますチェリエッタ・ピッタンコカンカクです、ボンボンジュール(こんにちはチェリ~さん、あちらこちらへの予定はこなされてますか?) 自然には勝てませんが、最近は自分にも勝てずに右往左往・・
そんな事より皆さん、秋と言えば大相撲は九月場所ですよ、チケットは確保されましたか?(チケットは完売してましたよチェリ~さん) 夏休みは大混雑していました場所に、最近時々お邪魔しております「羽田空港国内線旅客第2ターミナル」にございますコチラ「メルセデス ミー 東京羽田(Mercedes me Tokyo HANEDA)」。場所はANA御用達の羽田空港第2ターミナル・マーケットプレイス地下1階(御用達て;)

20180824mercedes4b

行けば分かるさ己の視野よ、見れば分かるさ豪華な車が、ほらほら飾ってあるよ、おっベンツ(家にもあったような;) コチラは「レストラン」「カフェ」「ラウンジ」の3つのスペースがありまして、限定グッズやオリジナルフードを販売。木の温もりのインテリアの中にベルセデスらしい黒を効かせた内装で、色んなチェアーデザインが揃って座り心地も選べる(座面に芝生もありましたよ?!)
周辺には最新モデルのメルセデス・ベンツ車両を常時展示した「ギャラリースペース」や、オリジナルのコレクショングッズの販売を行う「コレクションショップ」、新モデル発表会やイベント開催などもありメルセデス・ベンツの旬な情報が提供されております。ちなみにカフェ・レストラン「メルセデス ミー(Mercedes me)」はここ羽田空港の他は六本木とグランフロント大阪にあります。

20180824mercedes2

現在、六本木とここ羽田空港の「メルセデス ミー」ギャラリースペースでは「荒木飛呂彦原画展 JOJO 冒険の波紋」特別コラボカー、ド派手な Mercedes-Benz C-Class JOJO concept「ドドドカー」が展示中(~10月1日)。さて、コチラ「メルセデス ミー 東京羽田」の、まずはたまご料理専門店「エッグセレント バイツ(eggcellent BITES)」のご紹介。
店内には「エッグセレント(eggcellent)」を象徴する大きな卵型の木製オブジェが。そうそう今はコラボ期間中なので、ここにも壁に「ジョジョの奇妙な冒険」がドーンと展示されています。かじる・かぶりつく/軽食などの意味合いを持つ「バイツ(BITES)」をコンセプトに、オーガニックの卵を使用した「エッグベネディクト」が入ったスタープレートや、羽田空港のお持ち帰りスイーツとして人気らしい「エッグタルト」などがありますが、

20180824mercedes1

もちろん私もまずはメルセデス・ベンツコラボな「スタープレート」を注文。それはイートイン限定のメニューで、内容は「スターパンケーキ」「オリジナルのエッグベネディクト」「リーフサラダと日替わりの一品」。ほら見て、パンケーキにはメルセデス・ベンツのエンブレム「スリーポインテッド・スター」が!エッグベネディクトには
山梨県の農場から毎朝直送される濃厚なオーガニックたまごが使われており、半熟のトロトロ感が普通にテンション上がる、ヤバイ、べんちゅう(周囲に聞こえてます;) イ、イェーイ(誤魔化しようがない;) いや、でもパンケーキはロゴマーク云々だけじゃなくフワフワで美味しいし、もちろんたまごを絡めまくっても、メイプルシロップでも良いの。食事系の甘さと、スイーツ系の甘さの両方が楽しめるのがいいね。

20180907mercedes2

で、やっぱりドリンクはコレ「スターラテ」。カフェ「エッグセレント」は六本木・表参道・白金にもあるけど、もちろんメルセデス・ベンツとのコラボメニューは羽田空港店のみ。だからカフェラテの表面にメルセデス・ベンツの「スリーポインテッド・スター」があるのもコチラだけ。このラテとセットで注文したいのがコチラ、メイン商品である「スターマークエッグタルト」。
山梨県・黒富士農場直送の濃厚な卵の卵黄だけを使い、栃木県那須千本松牧場の低温殺菌牛乳と濃厚生クリームを贅沢に合わせることで、クレームブリュレのような究極のとろみ感を生み出しているだけではなく、こちらにもベンツマークが。もちろんマークもヤバイが、こだわりのエッグタルトは食べる価値ある(先程も言ってましたが、お土産にも良いですね) テイクアウト商品には、

20180824mercedes6

シナモンと粉糖でアレンジしたベンツマーク入りの物と、マーク無しの通常「エッグセレントタルト」があり、味が違うのもあるので食べ比べも良いね。さて、次は真ん中の目立つ場所にあるからすぐに分かるラウンジには、ドーナツ専門店「クリスピー クリーム ドーナツ(Krispy Kreme Doughnuts)」。ドーナツやボックスだけでなく、プレート・マグカップ・グラスまでも
コチラ店舗限定のオリジナルデザイン(ロゴ入りですね) 国内各方面での店舗が撤退したので、羽田空港限定のメニューや商品は今やお土産に?(そうですね、どうでしょう;) まずはコチラ「ベルリーナ ベルギーチョコ」220円。ベルリーナとはドイツの伝統的なドーナツの事。ホワイトチョコでコーティングしたドーナツにベルギーチョコ入りの濃厚なクリームが詰め込まれ、表面にはこれまたコラボ商品の

20180824mercedes5

間違えようがないベンツマークが。完全なるクリスピー・クリーム・ドーナツ看板商品の「グレイズド」が、ここではコレに負けてるのでは?と思うほどのスペース。他にもコチラ「ザッハトルテ」280円。しっとりとしたチョコレート生地にアンズジャムを塗りチョコレートでコーティング。東欧の伝統菓子「ザッハトルテ」をイメージされているそうですが、
それより同化して見えにくいけれどちゃんと主張してましたベンツマーク、のってます、のっかってますザッハトルテに。別の意味で主張した商品が期間限定で2018年7月から発売されました、それが「3rd アニバーサリーベア」280円。カスタードが入ったドーナツに、甘い香りが広がるキャラメルチョコをコーティング。サクサクとした食感が楽しいビスケットの耳をのせ、ビターチョコで顔が描かれている可愛いドーナツ。

20180824mercedes5b

「Mercedes me Tokyo HANEDA」オープン3周年を記念した期間限定で、何が主張されてるってこのベアこそメルセデス・ベンツコレクション(Mercedes-Benz Collection)で人気の「メルセデス・ベア」。これかじればベンツかじってるのと同じ(違う;) コチラは9月上旬までの限定なのでお早めに。
ついでにお早めにと言えば、先日もご紹介した「フランク ミュラー365ポート オブ ヴァンガード(FRANCK MULLER365Port of VANGUARD)」。コチラも「羽田空港国内線旅客第2ターミナル」内にある期間限定のカフェ、またおじゃましちゃいました。当初は名前の通り365日の予定でしたが、ターミナル内の工事が終わらず予定より長めに営業中。

20180824mercedes7

そのお蔭で楽しみも更に延びましたが、「フランクミュラー」がゴージャス過ぎてカフェもお高めと思われたのか?いつ伺っても人がいないから、ある意味穴場で助かる。こんなフランクにミュラミュラと戯れられる場所が無くなるのは寂しいけれど、都内には「ギンザシックス(GINZA SIX)」内の持ち帰りスイーツ「フランクミュラー・パティスリー(FRANCK MULLER PATISSERIE)」があるから、次はそちらに。
出来ればカフェ併設をお願いしたいけどな。さて、ゴージャスと言えば華やかなアノ世界にも行って来ましたので、そのお話は次回。アタシはジョアン、いつでもジョアン、ジョアーンジョアン♪(なんか違う;)

20180824mercedes3