既に真夏な日本列島に誰がした!と脳がヒートアップ気味な私がチェスメラルダ・パンナコッタです、コンコンチキワ(こんにちはチェリ~さん、まだ7月になったばかりとは思えないですね) 7月と言えば博多の祭り「博多祇園山笠」。博多っ娘ですから神輿を担げなくても、街中に建ち始める山を見て興奮するものですよ(この時期の風物詩ですね) それが終われば、本当の夏が始まるっていうのが博多の定説。
ソレは、パンダが可愛いとか、空は青いとか、隊長が甘~いとかと同じ事(最後分かりかねますが;) お金ならいりません隊長!(はい?) 夜明けにまた来ます隊長!(何設定なんですか?;) そんなコトより、パリを拠点に活躍するパティシエのクリストフ・ミシャラク(Christophe Michalak)しゃんが手掛ける「ミシャラク 表参道(MICHALAK OMOTESANDO)」が2018年10月に東京・表参道にオープンするって知ってた?

20180701marcolini1

もちろん日本初出店だよー(日本で味わえるなんて素晴らしいですね) クリストフ・ミシャラクしゃんはフランス「ホテル プラザ アテネ パリ (Hotel Plaza Athenee)」で経験を積み、2000年に27歳でそんな5ツ星ホテルのシェフパティシエに就任したスターパティシエ。スター、うーん良い響き(将来の夢が生クリームとスターでしたっけ;) 2005年には世界を代表するパティスリーの国際大会
「クープ・デュ・モンド・ドゥ・ラ・パティスリー(La Coupe du Monde de la Pâtisserie)」で自身がキャプテンを務めたフランスチームが優勝するとか、まさにスター。現在フランスに4店舗を構えているのだが、また注目するスター店が表参道に。チョコだけとかなら日本上陸済みだが、お店ができると色々なモノが登場するだろうから今から楽しみだねー(間違いなく今、注目の1人ですよね) しかーし!10月、やはりチョコレートは秋冬のモノ的な

20180701marcolini2

感じに断固モノ申すんでパナいからヨロシク(アプローチが古め;) だからって突き通す、それがパナい(やっぱり古い;) 夏こそ必要なチョコレート、根拠なんていらない、何故ならその口が求めているきゃらぁ(はいはい;) この流れで筆頭に挙げられたくないだろうがご紹介します、こだわりの塊だっていつも言っておられる「ピエール・マルコリーニ(PIERRE MARCOLINI)」氏、
言わずと知れたベルギーを代表するショコラティエ。数々の名店で修業を重ねた後、1994年にショコラティエとして独立。長年の功績が認められ、2015年ベルギー王室御用達の称号を拝領。ピエたんやったね(そんな略はない;) とにかくマルコたんのカカオにかんするこだわりは凄い、そんな凄いリー二たんご自慢な新作をご紹介(略し方がおかしい;) 期間限定の新作「ソンジュ」。まるで韓国語みたいに聞こえるけど、違うのよ「ソンジュ」。

20180701marcolini3

ん?ソンジュ?ソンジ・・隊長、隊長!(どーして;) 夢のような魅力的な時間を提供したいと言うマルコリーニの想いが込められているシリーズ。わっかりました、隊長に聖域を守って頂きましょう。チェスメラルダの胃袋はサンクチュアリィだー!(使い方オカシイ;) 実はこの「ソンジュ」、スペルト小麦などスーパーフードといわれる食材を積極的に使用した、マルコリーニの新境地らしい。
マルたんオリジナルクーベルチュールと絶妙なバランスがおりなす香りや食感、もう、マルコに感激(もう誰の事か分かりにくい;) 2種のソンジュを3個ずつと、代表的なビターチョコレート「ピエール マルコリーニ グラン クリュ」の詰め合わせ。見た目は紅白だからメデタイ、夏だからって避けないで、好きなら突進して良いと思う・・そのぉ、カバンの中(え、溶けた?溶けたんですか?)サンクチュアリィ(多発するんじゃない;)

20180701wittamer3

こちらは既に定番中の定番「ギモーブショコラ」。人気のギモーブ、つまりマシュマロショコラ8個入りセット。口どけの良いソフトな食感のギモーブには上品な香りのバニラビーンズを使用し、オリジナルクーベルチュールでコーティング。フランスのスイーツ店にはよくある商品なのですが、フランスのモノは食感がより噛み応えのあるタイプや、香りの強いモノが多いのだが、ベルギーだからか?マルコリーニだからか?
コチラのは、ソフトな感触が日本人の馴染みに近いのと、個性も吐出していないので食べやすい(確かにフランスのモノはかなり個性的ですからね) 他にもマルコリーニには、普段使いの出来る「ダックワーズ」や「チョコレートケーキ」もオススメだし、今なら季節限定の「サブレ ショコラ with ストロベリーホワイトチョコレート」なんかも。普段使い?普段使いならコチラ「ヴィタメール(WITTAMER)」なんか日本のじゃないか?って思うくらい

20180701wittamer4

日本人の口に馴染むスイーツばかりで、こちらもベルギーブランド。まず定番商品に「マカダミアショコラ」がありますが、バレンタインやホワイトデーシーズンなどイベント時にはこの商品を買い求める行列が出来るほど(確かに遭遇しましたね) サクサクの食感に焼き上げたサブレに、マカダミアナッツ、アーモンドをのせ、ミルクチョコレートでコーティング、これホント普通に美味しい。
他にもボンボン系は必ず買うのですが、今回はまた無視出来ない新作が、それがコチラ「チェリーボンボン」。キルシュという洋酒が使われているので、間違いなく私はヘベレケ(弱すぎ;) お酒が使われているショコラは父上様に献上するため購入するのですが、他にも「トリュフ シャンパン」や「トリュフ ブラン」など、ヘベレケショコラです(誰も酔いません;) こちらも静かにオススメな「フリュイセック・オ・ショコラ」。

20180701wittamer2

季節のフルーツにショコラをコーティング、爽やかな軽めの食感に軽くチョコが食後に合うと思う(なるほど) そう言えばアメリカの大ヒットドラマ「クリミナル・マインド」でIQ187の天才捜査官ドクター・スペンサー・リード役を演じているマシュー・グレイ・ギュブラー(Matthew Gray Gubler)が2年ぶりに来日したの。あのイケメンが、こうになるんです・・
いや、彼は元々こんなんですが(彼は明るいですからね) マシューが来日した時は私も空港にいたのでニアミス?いつも神対応の彼が活躍する「クリミナル・マインド FBI行動分析課」シーズン13はWOWOWで9月4日から日本初放送!お楽しみに。