ゴリゴリのバレンタイン、いえ、ヴァレンタインまでカウントダウンとか、とりあえず端に置こうとしていますチェリエッタ・サンマルコですコンコンチキワ(こんにちはチェリ~さん、街中はバレンタイン商戦始まりましね) と、端に置いたヴァレンタインを引き寄せて小ネタ照準合わせました、許可下さいギブス(勝手にどうぞ;) またまた出ました「ディーゼル(DIESEL)」と「マックスブレナー(MAX BRENNER)」のコラボレーション第3弾!
気付いたら3段目・・さ、三段目?虎来欧?(何?誰?) もとい、3回目となる今回のテーマは「WEAR DIESEL KISSES」。期間限定で展開中の「マックスブレナー福岡PARCO」では全く関係ないけど、期間中ディーゼルが手掛ける「グロリアスチェーンカフェ(GLORIOUS CHAIN CAFÉ)」渋谷店と心斎橋店ではマックスブレナーとのコラボメニューが。リップモチーフのアイシングクッキーがアクセントになった「チョコレートピザ with キス」や「ホットチョコレート with キス」など。

20180123maxbrenner

関係ある商品では、可愛いリップモチーフのミニバックの中には「マックスブレナー」人気のチョコレートが入った物や、ディーゼルだものー、合わせてプレゼントしたいアンダーウェアやソックスもモチロン展開、これは手に入るわよ欧翔山Wink♪(はい?;) ソックス?ならばこちらもオススメ。ザ・ビートルズなど様々なアーティストとコラボレーションし注目を集めるスウェーデン発ソックス・アンダーウェアブランド「ハッピーソックス(Happy Socks )」をご存知? ま、もっと簡単に言えば
ミカエルたんとヴィクターたんが立ち上げた靴下屋さんやね。ソックスって好き、実用性もあるしオシャレコーデの要にもなるし、アタシも毎日ソックスでシメみたいな、シメ?締め込み?あー、廻し?(なんの話;) 今回の「ハッピーソックス」コラボレーションではバレンタインデーをテーマに、愛とアートを表現したポップなデザインのソックスがラインナップ。ソックス全3色がアソートされたボックスセットや、ソックスと共通したデザインのメンズアンダーウェアもご用意。

20180123maxbrenner2

やっぱりチョコだけじゃダメ?というか、チョコより品?ね、物?(誰に聞いてるんですか;) 物ではないですけど、どストライクのロサンゼルスの高級チョコレート「コンパーテス ショコラティエ(Compartes chocolatier)」と、セレクトショップ「ヴィア バス ストップ(VIA BUS STOP)」がコラボレーションしたチョコレートなんかどーよ。てか、どストライクとか今は言わないの? だってエディ・スリマン(Hedi Slimane)が
「セリーヌ(CELINE)」でロサンゼルスにアトリエだよ?(LA繋がりだけですね) で、スカルで可愛いと言えばな「コンパーテス」のチョコレートを可愛い「ヴィア バス ストップ」の人気セレクトブランド「バーバ ラリール(Barbara Rihl)」が手がけた特別パッケージで包んじゃったわよ、これはどストライクなんだけど、あなたはどーよ?(ホントに答え欲しいんですか?;) フランス発の「バーバラリール」なんですが、「旅」をテーマに

20180123compartes

パリジェンヌやジェットセッターをモチーフにしたイラストで人気なんです。真っ赤なドットがあしらわれたトートバッグが付きの豪華なセットがり、その中には今回のために作られた特別デザインのラブフルーツミックス2種類が入っていたり・・真っ赤?真っ赤なシメ?真っ赤な廻し?(また戻った;) とりあえず、チョコだけで良いのか、品だけが良いのか、そこはチョコに品でしょーなのか論争は端に置といて(置きましょ置きましょ)
今回はチョコはチョコでもひとまずバレンタイン、いえ、ヴァレンタインではなく、世界に2店舗目がワガマチ博多に出来たよってメデタイ話題です。ベルギーの高級チョコレートブランド「ゴディバ(GODIVA)」いえ「ゴ ディーヴァ」(そこはゴディバです;) 昨年の12月15日、九州初となる「アトリエ ドゥ ゴディバ 博多阪急(ATELIER de GODIVA)」をオープンしました。12月15日と言えば、1962年に札幌テレビ放送のラジオ部門が

ATELIER de GODIVA

開局した日で有名ですが(そ、そうなんですか?;) 2009年にボーイング787が初飛行した日なら分かります?(片寄った有名情報ですね;) そんな日にまた記念日が増えたという事になる「アトリエ ドゥ ゴディバ」オープンですが、この「ATELIER de GODIVA」は、ここでしか味わえない特別なゴディバに出会える世界初の新しい空間として昨年8月に東京の西武池袋本店にオープンしちゃいました・・
世界初かー、世界初唯一ねー、世界初で世界唯一とかをウリに日本でオープンしちゃってるじゃんゴディバぁ(心の声でしたら、しっかり聞こえてますけど;) その2店舗目「ATELIER de GODIVA 博多阪急」なのですが、こちらではゴディバ・ジャパンのシェフ・ショコラティエ ヤニック・シュヴォロー(Yannick Chevolleau)さんが、アトリエのために生み出した限定スイーツを楽しむことができます。繊細なチョコレートカップに、ビスキュイやクリーム、

20180123godiva2

ムースを贅沢に閉じ込めた「クープショコラ」やムース・ビスキュイ・ガナッシュといくつもの層が、チョコレートの美味しさと驚きを贅沢に奏でる「ガトー フレ」など、アトリエならではのゴディバのクラフツマンシップ、そしてアーティストリーを楽しめる限定スイーツが多彩に登場。まずはその店構え、一目でわかるデパ地下一ウリ。地味な、いや、シンプルな色にデザインの店内に、コレです、
ウチの売れっ子ちゃんはテキなショーケースに並ぶチョコ三昧なケーキ。はいはい、宣伝一押しに見えた繊細なチョコレートカップにビスキュイやクリーム、ムースを贅沢に閉じ込めた「アトリエ ドゥ ゴディバ」の特別なショコラ「クープショコラ プラリネ」税別850円買いました。それに香ばしいヘーゼルナッツのブリュレとムース、コク深いチョコレートの濃厚なレイヤー「ショコラ・カフェ」税別740円。「ガトー ルレ オ ショコラ」税別750円もお買い上げ。

20180123godiva5

ほー、お値段いきますねー。最近はブランド化したケーキにこれくらいのプライス珍しくはないのですが、世界のゴディバさんですからね、そりゃしますよ。ただ、どのケーキにも言えるのは、存分にゴディバのチョコレートが使われている感ハンパない事かな。これにはコレ?これにはコレ?みたいに、一粒で満足するベルギー特有なデカめのチョコを更に贅沢に使いケーキにした、もっと言えば
ゴディバのチョコレートケーキ風(なるほど;) ベルギーらしく繊細や複雑な感覚はなく、シッカリしたハッキリしたコクとオシ、そう得意技は突き・押しっすみたいな(分かりかねます;) 別に嫌いじゃない、ハッキリ個性の突き、押し。だけどどこまでも同じだと予測出来ちゃうから、途中で飽きちゃうし半分で満足しちゃうから複数なら半シェア?しちゃうかも。なら半分にしてプライスも半分でとか?ケチとかじゃなくて、この満足感が逆にリピートにつながるかが博多としては課題。

20180123godiva6

ほら、新しい事に飛びつくけど、満足したら飽きるのも早いからHAKATA(否定は致しません;)でも、これには毎回釣られますアタシ「GODIVA×ハローキティ」「GODIVA×マイメロディ」とのコラボですよ。なんと今回で第7弾!今回は高級感のあるジュエリーポットのギフトセットが新たに加わったけど、やっぱり「ハローキティ マスコット」3780円でしょー。ピンクよ、ピンク。可愛い以外なんて言うの?
ゴディバはん、なんかすんまへん、アタイ、アタイあんなケチなことを・・アタイのぬかした台詞なんてガッツリスルーしはってくんなましよ(どちらの方言か存じませんが酷すぎます;) 見てー、ぬいぐるみとマスコットの足の裏には「GODIVA 2018」のプリント入りなんだお♪ ヤバイよね、キャワイイよね。そうなんですー、すみませんなんか、彼が最近カミに選ばれちゃってぇ。いや、そんなー、そうですか?じゃー存分にカミっちゃいますよ?

20180123godiva4

「違う、この声じゃない」(それは王子?) 間違えました「こんな女は知らないな」(それは隊長;) すみません、まだカミってませんでした(全く分かりません;) この続きは聖バレンタインのあとで・・・。では次回「じゃー聖バレンタインの前に・・・大銀杏」お楽しみに♪