「フランクミュラー(FRANCK MULLER)」から限定ウォッチ「VANGUARD Rising Sun」が登場!どうも、決してミュラミュラの回し者ではありません、ピンクの宇良ちゃん勝ったのオメデトウ上からぼた餅なヨソモノです。本日も太陽が地球を攻めてくるからって、5人で超える逆輸入戦士「パワーレンジャー」を頼るのはお門違いなのでしょうか?いえいえコンコンチキワ、なんならアタシが地球を救うわ!
ピンクレンジャーのチェリバリー・ハートです(こんにちはチェリ~さん、なんなら前置きで寝るとこでした;) フランクミュラー「ヴァンガード ライジング サン」は日本の日の丸、つまり太陽をモチーフにした腕時計ざます。深紅に染められた大胆なインデックスは日章旗の赤を表しており、文字盤には波打つ模様「ヌーベルバーグ(新しい波)ギョウシェ」が施されていましてね、それはまるで、アタシが宇宙を救う生き様を彷彿させる・・(ホントは?;)

20170717ranckmuller2

海原に昇る朝日を彷彿させるデザインでーす。それにサイドのリュウズもインデックスと同色で、12時位置には植字された「FRANCK MULLER」のロゴマークが施されていて、限定モデルならではの特別デザイン♪ もう、それは第69回エミー賞のノミネートが発表され、本年度最多となる22ノミネートを果たした新作の「ウエストワールド(Westworld)」くらいオメデタイ(おめでとうございます;)
ここまでして何が言いたいかと申しますと「フランクミュラー」とは、ブレゲの再来と称されるスイスの時計師が1992年に創業した腕時計のブランド、であーる(存じてます、25周年ですね) そんな華やかで甘美な時間を彩る世界初の「フランクミュラー パティスリー」を銀座エリア最大の商業施設「GINZA SIX」2Fにオープンさせたのは以前にも「GINZA SIX」での最大の関心度として、藤井きゅんの連勝と、ひふみんの歌、その次にくるくらい注目していたミーハーミュラミュラとして狙ってランデブヒブヒでした(また聞きたいですね、賛美歌)

20170717ranckmuller3

「わーすーれーがーたき、ふーるー・・」(それは「ふるさと」;)だから行きました「GINZA SIX」。1番の関心度はコチラ「フランクミュラー・パティスリー(FRANCK MULLER PATISSERIE)」。エントランス入って他には目もくれずエスカレーターで2階に上がり、案内板は丸無視で動物の勘だけで向かう所敵なし子。ほら、アタシを迎い入れる準備は整っているわね、せーのっ
「主演男優賞は『THIS IS US 36歳、これから』のスターリング・K・ブラウンだと面白い」(はー?;) なんとこのドラマ、この秋NHKで放送されるんだね。じゃなくて、今回お邪魔したのはミュラミュラが世界で初めてトータルライフスタイルを提案する「フランク ミュラー ジュネーブ」内に展開されるビザン数字が生かされた内装のパティスリーなのですが、内と言いましても入り口はパティスリー専用があるので、わざわざミュラミュラ内から行かなくても行けます。

20170717ranckmuller6

いや、わざわざミュラミュラ内から行きたいなら止めません。なんならミュラミュラ目的と思わせてついでにパティスリーみたいに(なんでもいいです!;) その、ついでにパティスリーな店内は人が4人くらい、頑張れば5人横に並べば入れるくらいのショートカットスペース、略してテイクザット(なんで;) 見上げれば、そこにはミュラミュラの酔わせちゃうわよエネルギーをバンバン彷彿させる、
タイムマシン系の文字盤が描かれた壁に多国籍な店員さん。まさしく「イラッシャイマシェー、ナニか?」な世界。ア、アタシ、今どこにいると?イッツ タイムマシーン!(戻れ;) 随所にその理念と世界観を堪能できるようなスイーツを提供すると言い切ったミュラミュラパティスリー。一番の注目スイーツは4種類のマロングラッセらしい。わずかな苦味を感じる甘さと柔らかな香りに包まれる「ラム」や、柑橘系の爽快感が魅力の「オレンジ」、個性派の「スパイス」に、

20170717ranckmuller4

まろやかな塩味が特徴の長崎県新上五島町のあら塩を使用した「ソルト」の4種。それぞれ一粒ずつがミュラミュラ柄の箱に入れられるのですが、一粒1600円から2000円。いえ、決して貴方の目や耳がオカシクなったのではありましぇん。そのふらふらはミュラミュラの柄のせいでしょうが、値段はいたって妥当な金額と思ってミュラミュラパティスリーがつけたモノです(もちろんですよ)
他には、ブランドのアイデンティティであるスイスの濃厚なチョコレートを採用したクリーミーで濃厚な「テリーヌショコラ」や、まるごと1個のレモンを丸ごと使って作られた「レモンタルト」なども。しかしこの2つは要冷蔵で、多岐に渡る活動家のアタシには炎天下の中で敵と戦い地球を救いながら適温を守るなど高度な客にはなれぬピンク戦士、今回はそのほかの発酵バターを使用した「フィナンシェ」、「クッキー」などを購入し、

20170717ranckmuller5

6種もしくは8種購入すると入れてくださるボックスにてお持ち帰りそうろう(立派な箱ですね) 立派と言うなら、その箱を入れるバッグもご立派さんで、紙ではなくほぼビニールエコバッグ。いや、ミュラミュラの柄入りだからエコではなく、バッグ。ご立派バッグは普段から使用できる数千円で買うような代物で、今回1番の成果(いや、成果はスイーツ;)
そうそう、店内のミュラミュラパティスリーからミュラミュラジュネーブへの隔たり近くには、パティスリーのスイーツと一緒にどう?と勧めてたなんて、アタシこれっぽっちも思わなかったけれど、日本酒とのコラボがあった。もしや他にもあった?かも。ほら、アタシジュネーブの方に気を取られ、未来の受賞者に選ばれるアタシって大変やね、うーん大変大変、とか想いを馳せてたもんで(妄想戦士;)「そうよアタシはピンクレンジャー、今日も月に変わって妄想させちゃうわよ!」(色々混ざりすぎ;)

20170717ginzasix