あの人気映画のリメイクドラマ「リーサル・ウェポン」がシーズン2に更新されることが決定したよー!無事にまたリッグスの涙目が見れるねー、リッグスの素敵ヘアーも見れるねー、常に自殺しそうなリッグスの優しい優しいリッグスが見れるねー!(こんにちはチェリ~さん「リーサル・ウェポン」というよりリッグス刑事が見たいんですね)
こんにちは、リッグス刑事の見た目は1割、中身が9割好みのチェリエンダー・パイオンニアニアです(な、中身が9割て;) マータフ役のデイモン・ウェイアンズたん役の上では赤ちゃんがいるけど、実生活では孫がなんでしょう7人いるらしい(まだ55歳くらいでしたよね?) それより新シーズンは4話分増加の全22話構成となるらしいよ、やったじゃんリッグス!

20170312lethalw

米FOXネットワークで昨年9月より放送されると、視聴者数が1000万人を超えた話題作って・・知ってるよ、その4割が私(いや、オカシイでしょうが) そんなリーサルの4割を果たす私めが簡単に説明しよう!最終兵器、つまりリーサル・ウェポンと呼ばれる性格が正反対のロサンゼルス市警の刑事二人が相棒となり、事件を解決していく話ですよ?
妊娠していた最愛の妻を事故で亡くし、自殺願望のある刑事リッグスをクレイン・クロフォードたんが、愛する妻や子どもたちのため命を大切にしたい刑事マータフをデイモン・ウェイアンズたんがそれぞれ演じてますけど?ますけど?(なんでチェリ~さんがドヤ顔なんでしょう?;) 大事な大事な話はこの辺にして、お次はまだ言うか?の過ぎ去りし日なバレンタイン。はいはい、まだ言いますよ?

20170312debauve4

何故なら言わなければ富士山は日本の輝かしい日の出を民に照らす事が出来ぬからねー!(えっとー、黙っていても日は登る?) 違う!(あ、違いましたか;) 最近は歴史あるこだわり抜いたチョコレートブランドからも、義理チョコだの友チョコだのチェリチョコだのと渡せるように?お手頃な金額の商品を用意してるから素晴らしい。
だって素材にこだわったらおのずと金額は上がってしまうけれども、だからって大量に食べられる代物ではないし、本命だろうが自分にだろうが、色んなチョコレートを食べたい場合は量も金額もある程度に抑えたいのも真実。でも良いブランドも食べたい、でも高い、少しで良いんだけどなー(独り言が過ぎますよ;) と言うわけで、今年の友チョコに見事選ばれましたのは1800年創業の老舗、

20170312debauve1

パリで一番歴史のあるショコラトリー「ドゥボーヴ・エ・ガレ(Debauve&Gallais)」おめでとうございまっけんゆう!(え?)「刮目しろ。これが俺の生き様だ。」千葉真一のセリフだ!(へー・・って、それは「あひるの空」の千葉真一!)「広島にヤクザは2つもいりゃせんのじゃ!!」 こ、これも千葉真一のセリフだ!(こちらが真剣佑さんのお父様の千葉真一さんですね;)
へー(じゃなくて;) 話は戻しますが、フランスルイ16世の王室薬剤師であった貴族出身のスルピス・ドゥボーヴ(Sulpice Debauve)たんはフランス革命後の1800年、パリの左岸フォーブル・サンジェルマンにチョコレート店を開きました。1800年ですからね? 当然現在、パリで一番歴史を持つチョコレート店ですよ。1779年6月のある日、王室薬剤師であったスルピス・ドゥボーヴたんは、新しい調合薬を持って王妃マリーアントワネットを訪ねていったところ、

20170312debauve2

王妃は薬が苦くて飲めないとこぼし、ウィーンで飲んでいたホットチョコレートが美味しかったことを話したんだって。分かる分かる、美味しいよね(混ざるな;) そこでドゥボーヴはチョコレートに薬を包み込む事を考案したらしい、えー!先生!チョコレートで薬服用しても良いんですか?食前ですか?食後ですか?(だから混ざるな!) え、混ぜるの?(・・・;)
こうして生まれたチョコレートは、王妃により古金貨を意味する「ピストル」と名付けられました。「カ・イ・カ・ン(・・・;) いや、だから「ピストル」と「セーラー服と機関銃」を(説明はいりません;) 見た目は豪華だけど薄ーいコインチョコ。内容は「ピストル・ドゥ・ラ・レン」アーモンドミルク風味、ピストル・デ・ダム」オレンジの花の風味、「ピストル・99%カカオ」本物のチョコレートを知る方にカカオ分99%、

20170312pirates

「ピストル・デ・ザムルー」アールグレイ紅茶風味などなどです。こちら薄ーいコインチョコ風ですが、結構なお値段しますよ?マリーたんのイラスト入りで老舗中の老舗ですからね?6枚入りで1500円ですからね?義理チョコにしては良い値しますからね?それでもマリーたんのイラスト入りですもの、バレンタインに限らず常に取り扱い中ですからね?(あ、そうなんですね)
もう一つの義理チョコ、友チョコに選びましたのは、日本初出店から今年で15年目の「ピエール・ルドン(Pierre Ledent)」たんどす。ベルギーの伝統に基づきつつ、独創的なショコラを創り上げるショコラティエ・パティシエだじょ? 映画「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズの第5作目となる最新作、「パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊」が日本では7月1日、全米では5月26日に公開されますよ、

20170312ledent1

そうです、一悶着あったデップたんが、またまたジャック・スパロウを演じちゃってますから。今回の敵「海の死神」ことサラザールの過去にフィーチャーした内容になってるとか(あのー「ピエール・ルドン」の話は?;) これはこれは完全に記憶から抹殺しておりました(まさかの記憶抹殺;)「ピエール・ルドン」たんはね、ベルギーの古都リエージュの老舗パティスリー・ブランジェリーの3代目なの。
いえーいお坊っちゃま君(違うお坊っちゃま君を想像してしまいました;) 製菓学校をわずか2年で卒業後、世界でのコンクールにて7つの賞を受賞。2011年にベルギー・ブリュッセルに本店をオープンしちゃいましたお坊っちゃま君(いや、だから;) 宝石箱やーなゴージャスな商品が勢揃いの中、ひとまず味を知りたい、自分にも送っときたい、どうせ義理でも美味しくなきゃって人にオススメな商品がこちら

20170312ledent2

「アミューズ・ブーシェ(Amuse-bouches)」5粒(新粒×2)525円。こちらは「ピエール・ルドン」たんのお試しサイズのアソートになっていて、2013年の新粒から定番粒までが気軽に楽しめる一口ショコラ(ホントに可愛らしいサイズ感で) 一口だからって一粒ってサイズ感ではなく、半粒だからこれまた驚き。丸い一粒の半分だから、ホントに、ホントに物足りないサイズ感。
モア、モアと要求が止まらないから更に売り上げちゃう入口商品だね、あー、販売攻略法かー(違います;) まんまとですけどね(まんまとなんですか?) まんまとですよ、あれもこれも宝石箱が飛ぶように売れてましたから(売れてましたか)「数字で計れるほど甘かねーぜ この世界は」真剣佑ー、これが親父の生き様だじょー!(違う!それは「あひるの空」の千葉真一!) じゃー関根勤?(それは千葉真一のモノマネで・・もうめんどくさい;)