先日JR西日本が、6月17日に運転開始予定の豪華クルーズトレイン「トワイライトエクスプレス 瑞風」の車両完成記念式典なんぞをやってたね。第1期募集の旅費は1人27万から125万で、予約倍率は平均5.5倍、最高は68倍?!本気と書いてマジ?ならば後輩くんと書いてBELLO♪とか?(こんにちはチェリ~さん、話題ですよねートワイライトエクスプレス)
ボンジョルノーシモ~ベ、なかなかの金額を投資するプレミアム感はアタシにはパンダにパンツ、ネイルにエクステなので、我が九州の電車もなかなかの偏りがあると注目するのがコチラ(すみません、その前にパンダにパンツ?;) 2015年11月より始動した「新幹線:エヴァンゲリオン プロジェクト」(ネイルに・・えっと、いいです;) そんなエヴァンゲリオンマニアにさらなる提案として、

20170306evacafe

500系新幹線を改装したエヴァ車両「500 TYPE EVA」を使用したツアーが、2017年4月1日と2日に敢行されるみたいよアスカ!違います、私は色白で青髪と赤い瞳を持つ綾波レイよ(いや、チェリ~さん;) 新大阪駅から博多総合車両所まで初の直通運行を実施するほか、通常は乗降ができない博多総合車両所での降車、参加者は見学コースに参加できるの。
碇シンジ?いや、僕は碇ゲンドウだ(いや、そうじゃなくて;) 今回のツアーは2つタイプあり「実物大コックピット搭乗体験」と「博多総合車両所」の見学付、あるいは「オリジナルグッズ」&「博多総合車両所」見学付 を選択できる(なんだか楽しい企画ですね) オリジナルグッズのほか、昼食に「エヴァンゲリオンプロジェクト弁当」が付く・・もうこの弁当だけ下さい(ダメです)

20170306evacafe2

他にも見学コースの中には総合表示盤、ジオラマ、模型展示、0系運転台シミュレータなどの展示室見学、屋上見学、着発線・洗浄線の見学まで・・「ありがとう、感謝の言葉、初めての言葉、あの人にも言った事なかったのに」(碇シンジが帰った後に綾波レイが心の中で思った台詞・・とかいらないですから) そうじゃなくて、今回は今年お父上に献上したバレンタインチョコレートの、
表明式を執り行うべく儀式的記事ですぞ無礼者(何も言ってませんよ;) まだまだ日本初上陸のお店って存在するんですね、そこにまず驚いちゃう。毎年毎年、有名店だの老舗店だの沢山のチョコレートが日本に初上陸していても、まだ世界は美味しいショコラを生み出されていて、存在していて、海を越えやってくる。まだまだ楽しみは終わらないのだよ後輩くん、マジ頑張って早く黒く小さな回転を見せてくれ!(クイズでしょうか?;)

20170306patrick1

で、今年のお父上献上チョコレートがコチラ「パトリック・ロジェ(Patrick Roger)」。2000年にM.O.F(フランス国家優秀職人賞)を受賞してますヤッパリなお方どす。2016年には「サロン・デュ・ショコラ」でトップパティシエに選ばれるなど、輝かしい経歴を持つパトリック・・と言えばジェーンなんだけど、今回はパトリック・ロジェたん(ジェーンさんは「メンタリスト」のって無駄な説明;)
格別のこだわりで厳選した素材を使用したレモングラス&ペパーミントのガナッシュ、唯一無二やら無三やら出来れば無四のチェリ~のバタ足(いや、いります?その無意味なエセ追加情報;) だって、唯一無二の才能が生み出すパトリック、いや、パトリック・ジェーンの推理ショコラの世界を(違う!) 違う、パトリック・ロジェたんの生み出すショコラの世界がギュっと詰まったヤバイ品をお父上に献上つかまつったよおとっつぁん(無駄だ、なんだか無駄だ;)

20170306patrick2

今回は、いや、今回もバイヤー頼りの限定品。ざ・高島屋のお力で手に入れた9個入のパトリック・ロジェたんのステキチョコ。ケースはどこかのクールミントが入ってそうなクールなブラックのスチールケース、これ自体に値が張りそうな品で、その中にシンプルに見えるがギュっとステキが詰まったショコラが。内容はクリスピーヘーゼルナッツプラリネ、レモングラス&ペパーミントガナッシュ、クルミのマジパンなど。
お父上に献上する品なモノで、さすがに毎年ハードルが高い。あー、パトリック・ジェーンならあのシワシワな笑顔でごまかされそうなのだが、あの金髪にもあの瞳にも(騙されなさんな;) しかし、パトリック・ロジェたんですもの。ステキなチョコレートのおかげ様でなんなくクリアよハイリスク、ハイクラス、ハイダディ、そうねーローグワンならフォレスト・ウィテカー(いやマニアック;)

20170306patrick3

最近?そーねー、最近のムービーはもっぱら「ケケケンゾウ」が独占中じゃない?(まさか「ラ・ラ・ランド」?) そー「ラリランド」(正解を言いたくないのか?;) だからってわけじゃないけど、私はコチラを見たい「マンチェスター・バイ・ザ・シー」。監督はケネス・ローガン、主演はベン・アフレックを兄にもつケイシー・アフレック。
他にはルーカス・ヘッジズやミッシェル・ウィリアムズなど。なんとプロデューサーはマット・デイモンなのだよ、もともとマット・デイモンが主演するということで企画が進んでいたそう、しかし彼は制作に留まり主演は古くからの友達ケイシー・アフレックに譲ったと言われいてるらしい。譲ったと言えば、1986年創業の名店「ミッシェル・ショーダン(Maison Chaudun)」が

20170306mchaudun3

2016年にジル マルシャル氏を新たにテクニカルディレクターに迎え「ミッシェル・ショーダン」から「メゾン・ショーダン(Maison Chaudun)」に、ブランド名をリニューアルしてたんだよ、気付いてた?(気付いてなかったんですか?) だってー、色といいロゴといい、変わりがないからーねー(気付いて;)。分かった!ベンとケイシーの違いは顔の長さ!(そっちじゃなくて;)
それに何とゴールデングローブ賞とアカデミー賞でケイシ ー・アフレックが主演男優賞を受賞した!(おめでとうございます) さらにメゾン創設30周年を迎え、上品な味覚とジルたんの優れた独創性、芸術性が加わり、パリジャンたちに新鮮な驚きをもたらしています♪(また話戻ってるし;) そんなジル・マルシャルびょんは、お父上も御贔屓の「プラザ・アテネ」「ル・ブリストル」のシェフ・パティシエを務めた後に、

20170306mchaudun2

ロベール・ランクスびょん引退後の「ラ・メゾン・デュ・ショコラ」のクリエイティブ・ディレクターに就任。2014年の秋には、モンマルトル界隈に自身の名を冠したパティスリーをオープン!すでに腕を研磨してきたジルびょん、ここでさらに、ミッシェル秘蔵のノウハウを手にし、メゾン・ショーダンの味わいを守ることを約束しています。
ならばアチキとも約束してけれ、ずっとずっと願って・・・うそ、叶ったー!後輩くんとパイセンが共同作業?うっそ、ありがとう!やっぱりジルびょん裏切らない(その件にジルびょん、違う、ジル・マルシャルさんは関係ありませんから;) ならばジルびょんの作品をご紹介、今年のバレンタインでは「カルト・ア・ジュエ・ブロット」4個入3240円なる遊び心たっぷりのトランプ風タブレットが登場。

20170306mchaudun1

アリス好きの私はただただアリスの世界にしか見えずにおねだり交渉。見事アリスの世界に迷い込むことに成功し、現在たんまりと彷徨い中(違う話に聞こえるから困った;)味ですが、執事柄がカカオニブ入りのノワール。王様柄はキャラメルアーモンド。ジョーカー柄は口の中で弾けるポップロックとオレンジなどでっす。
ただデカイ板チョコに見えたならアナタも立派に彷徨い中、これは良く出来たタブレット。うん、見事に薄さ、硬さ、味わい、ジルびょん渾身の不思議の世界(たぶん違います;) 次回?まだまだチョコレートでさ迷いますよ、ひな祭りが来ようとホワイトデーが過ぎようと、単身赴任に入学式が訪れようと・・(早くね、早く;)