Fukuoka, Japan to Host Asia’s First Louis Vuitton America’s Cup World Series! いよいよ今月11月18日~20日、ルイ・ヴィトン・アメリカズカップ・ワールドシリーズ福岡大会が開催されるよ♪ 1983年にスタートした「ルイ・ヴィトン カップ」、そして「アメリカズカップ」は1851年にロンドン万博博覧会の記念ヨットレースでアメリカチームが優勝した事から始まる世界最高峰の国際ヨットレース。
つまりこの「ルイ・ヴィトン・アメリカズカップ・ワールドシリーズ」は2年かけた世界各国で行われる予選シリーズで、今大会は去年7月の第1戦イギリス・ポーツマスから、アメリカなどを経て今年9月にはフランス・トゥーロンで第8戦、そして第9戦目となる会場が福岡。トゥーロンでは3日間で26万人の観客が訪れたと言うからびっくり。

「アメリカズカップ」史上初めてのアジアで、しかも福岡市で開催するのはスゴイ事よ。場所は福岡ソフトバンクホークスの本拠地・地行浜。日本にとって15年ぶりとなる「ソフトバンク・チーム・ジャパン」も出場するわ。いかにメインスポンサーでもあるソフトバンクグループ(孫正義氏)が頑張ったか分かるわね。
ちょうど同期間福岡国際センターでは「大相撲11月九州場所」が行われる事もあり、海外からの観光客も多く見込まれる事から髙島宗一郎福岡市長もウハウハな感じ(笑) こうなるとトゥーロンで総合2位だった「ソフトバンク・チーム・ジャパン」が、来年バミューダ諸島で行われる「アメリカズカップ・チャレンジャーシリーズ」で挑戦チーム代表になり、

20161101louisvuittonfukuoka2.jpg

本戦「第35回アメリカズカップ」で、前回大会優勝防衛チームである「オラクル・チーム・USA」と世界最古の優勝トロフィーを争う、と言う事になれば最高だよね?! とそんな訳で我が家お馴染みの「ルイ・ヴィトン福岡店」では、青木淳設計のキラキラさざ波ファサードが「ルイ・ヴィトン カップ」仕様トリコロールカラーになってゴージャス♪
アメリカズカップ・スペシャル・アイテムも沢山展開中なの。そうそう大会を前に数日だけ、あの伝説の世界最古の優勝トロフィー&スペシャルオーダーなLVケースも展示されるんだよ、必見でしょ。例のごとくディナーの前にサラッとお買い物に立ち寄る。案内されるのはいつもの2階VIPルーム。そうお願いしてた「2016-17年秋冬メンズ・コレ」のコートが入荷していたよ。

20161101louisvuittonfukuoka3

白い空間に大巻伸嗣よるシースルーのインスタレーションがふんわり舞う中行われたあのキム・ジョーンズ(Kim Jones)のコレクションね。地下から階段を上がってくるファーストルックの黒いロングコート!エレガントで細身のスーツ、どれもこれも素敵で楽しみに待っていたの。
早速試着する主人に、スタッフ嬢達も「素敵~♪」と声を揃えてお世辞を言ってくれる。いや~キムくんてやっぱり天才よね、襟の立体感や背中のラインが抜群(イギリス人ならではの感覚も良い)。毎回コートは特に後姿の美しさにもため息出るのよ。ポイントのベルトも今年らしく、もちろん即決。更に私は色々店内を物色していてまたバッグが欲しくなっちゃった。

20161101louisvuittonfukuoka4

実はこの日入ったばかりの「2017年クルーズ・コレクション」、そのレインボーシリーズが目を惹いた。リオ×パリと言うテーマだったコレクションは、オスカー・ニーマイヤー設計の「ニテロイ現代美術館(Niterói Contemporary Art Museum)」で行われたのも印象的だったね。結局迷った末選んだの別の新作ソフトレザーのキラキラバッグ。早速次のパーティで持ちたいな。
そんな中、担当嬢達がバースデーソングを歌いながら赤いケーキを運んで来た!パティスリー・サダハル・アオキ・パリのアントルメ「サヤ(saya)」だ、甘い香りが周りに漂うわ。蝋燭に火も灯っているよ。わ~い(パチパチパチ)、今年も私の誕生マンスでお祝いをしてくれるわ。花束も赤い薔薇を中心に華やかゴージャス!

20161101louisvuittonfukuoka5

そして開けたて熟成の「ドン・ペリニヨン(Dom Pérignon)2002年」で乾杯ね♪ 主人だけでなくいつも私にまで色々して頂いて申し訳ないない、どうもありがとうございます。そこで~調子に乗って、今月5日にパリ行われたアーティスティック・ディレクター ニコラ・ジェスキエール(Nicolas Ghesquière)による「ルイ・ヴィトン 2017年春夏ウィメンズ・コレクション(Louis Vuitton Spring-Summer 2017 Show)」の話もしておこうかな。
オープン前のヴァンドーム広場に来年オープンするフラッグシップショップ(工事中!)で発表すると言うまたもや贅沢企画。ニコラ曰く「荒々しい状態の場所でショーを開催するのは興味深かった。美しい建物内に最も美しい灰色の箱が収まっている」との事。芸術家だわ~♪ そして今回、彼にとっては初と言える「ドレスアップ・スタイル」のコレクションとなったよ。

20161101louisvuittonfukuoka6

確かに彼にしては大人エレガント!オープニングからベルトによるドレープのアシンメトリードレスにお~?!となる。加えてニコラらしいスリムパンツや片袖のジャージードレス、当然ながらのレザードレス、そして随所に使われたカッティングによる肌見せセクシードレス、それらにブーツを合わせて来るのにもトキメクね。あ、そうそう注目されたのは豪華スマートフォンケース!まじ可愛い~!
これって「プティット・マル」だよね。聞けば10数万円程度で作られるそうなので、きっと売り切れ完売必至になるね。早めに予約しておかなきゃ。相変わらず沢山のトップモデル達の長い列なエンディング・・ニコラお得意のラグジュアリーカジュアルから進化した、エレガントでセクシーゴージャスな世界も未来的で素敵だった。

とまぁ新作の話やなんやらワイワイ楽しく皆さんとお話していたらもうディナーの時間になっていたよ。帰りには、銀座並木通り店のイケメン店長と親しい、福岡店のイケメン店長も挨拶に来られて、店外まで美人スタッフ嬢達と一緒に見送って頂く。そうだ、この秋からショップバッグやボックスなどのパッケージ類がリニューアルされたんだよ(全国各店舗順次変更中)。何と13年ぶりにシックなダークブラウンから、鮮やかなオレンジ「インペリア・サフラン」に!
これはトランク「シトロエン」の色でメゾンカラーでもある、昔これより少し暗めのオレンジパッケージの時期があったよね?(古すぎか) そしてコットンリボンやハンドルは鮮やかなブルー。これも元々LV創業当時から長く使われていた包装リボンカラーなんだよ。そんな今回のオレンジの箱は、まるでトランクの様に蓋と一体型。

20161101louisvuittonfukuoka7

素材も明らかにしっかりした。帰り際に渡されたいくつもの鮮やかなオレンジの紙袋も、一目で「LOUIS VUITTON」ロゴがわかっちゃうな~(汗;) さぁではLV福岡でしっかり楽しんだ後は、同テナント上階にある「リストランテASO 福岡・天神」へ。今日も美味しいスペシャルメニューを楽しませて貰うよ。