せっかく春物を沢山おさえ、着るぞー着てやるぞー!と意気込んでたのに、何故か太陽は私から逃げる!ほら、あの「スーパーガール」のメリッサ・ブノアちゃんだと凄い衣装でも爽やかじゃないですか?あんな変身で凄いチカラですけど、可愛い。ほらほらほら、私は青いピタピタに赤いマントじゃダメなの、爽やかなピンクブラウスに、レースガウンが着たい、着たい、着たいのよー!
(こんにちはチェリ~さん、寒暖の差でイベントで着れなかったんですね;) イベントの度に冬に逆戻りしたもんだから、ツンデレマスクは持ち越しっすー、コンコンチキワなチェナラ・パンタゴンです(ツンデレマスクて何ですか、ツンデレマスクて;)

20160329herme2b

ツンデレと言えば、子供の頃に見ていた大好きなドラマの1つに「マリード ウィズ チルドレン(Married with Children)」て言うのがあって、これはアメリカの作品なんだけど、大人になってから探したら残念ながら日本には入ってきていないみたいね? このドラマの強烈な主役は父親のアル、
後で知ったんだけど、アル役には現在日本でも放送中の「モダン ファミリー(Modern Family)」で父親を演じてるエド・オニールだったんだねー(インパクトありましたよね) この作品で、ハデな妻の尻にひかれる情けないファミリー・マンを演じブレイク、ホント面白い作品だった。

20160329herme2

まだ英語のニュアンスがあまり理解出来ない幼い頃だったので、正直何が面白かったのかまでは記憶にないが、私が好きだったのはパンプキンと呼ばれていた娘ケリー。演じていたのは何とクリスティーナ・アップルゲート!金髪でポカンとしたキュートな娘を演じ、パパからパンプキンと呼ばれ大事にされていた関係性にキュンキュンきてた(今も女優さんですね)
で、私はドラマを見ながらアメリカの家庭やら色々な事を学んでいたのだが、このドラマで学べたかは置いといて、当時覚えた行事の1つに「イースター」がある。他にも「独立記念日」や「ハロウィン」なども、今のように日本でイベント化される前に学んだのも「Married with Children」を見てた頃。

20160329herme1b

「ハロウィン」なんて日本だと何だか全く違うイベントになり、多種にわたってお金が動く行事に(バレンタインと並ぶイベントになりましたね) そういう意味ではこちらも「ハロウィン」と並ぶ日も近いのでは? それが「イースター」。本来の「イースター」はキリスト教における最も重要な祭日。
日本語に訳すと「復活祭」と言うんだけど、簡単に言えばキリストの復活をお祝いするお祭り。だから、キリスト教とはあまり馴染みのない日本での「イースター」は実にピンとこないのだが、そんな事を言うとクリスマスも元を辿れば日本には馴染みのないところから今の状態に発展しているので、おかしな話になる。

20160329herme4

とにかく、クリスマスと言えば「クリスマスツリー」なら、イースターと言えば「イースターエッグ」なのだ。伝統的に、生命や復活を象徴するものとして、卵が使われてきたのではないかと言われていて、復活祭に欠かせないモノは「卵」なのだよ(そうですね、卵、ウサギなどですよね) そだね、イースターウサギが運んできたとされていて、子だくさんのうさぎは古代より、繁栄・多産のシンボルだからね。
カラフルな紙や布やペイントで卵を彩って家に飾ったり、庭に卵を隠して子どもに探させる「エッグハント」なんかやるの。ホワイトハウスでも毎年行われる丘の上から卵を転がす「エッグロール」や、卵をスプーンに乗せ落とさないように気をつけながらゴールを競う「エッグレース」とか。

20160329herme6

そんなマジな行事をすっかりすっ飛ばした日本の「イースター」は、ディズニーランドなどで行われる、とにかくウサギにちなんだイベントがハロウィン同様の盛り上がりで定着しそう。うさ耳つけてコスプレしウサギの形したモノや卵の食べ物で楽しむ(相変わらずで日本のオリジナルは凄いですね)
スーパーでもお菓子にイースター関連が並んでて驚いたが、当然最近はスイーツ界では「イースター」商品をフツーに販売してる。そんな中から今回は「ピエール・エルメ・パリ(PIERRE HERMÉ PARIS)」が3月15日から4月19日まで発売中の「イースター」にちなんだ限定メニューをご紹介。毎年違う祝う日なのだが、実は今年はいつもより早く3月27日に行われた。

20160329herme5b

とりあえず商品としては、その前後まで販売しているところも多いので、まだ楽しめるはず。今年も「ピエール・エルメ」は、生命の復活をお祝いするという意味で生命の源であるイースターエッグや、多くの子供を持ち、跳ね回る様子が生命の躍動を表していると言われるイースターバニーをシンボルにしたショコラを販売。
毎年可愛くて、可愛くない値段を忘れてしまうくらい可愛いから買ってしまう(後悔しないの;) 今回のコレクションには、有名なフランス人彫刻家フランソワ・ポンポンの作品から着想を得たというイースターバニーをはじめ、彫刻的なチョコレートが多数ラインナップ。

20160329herme4b

イースターエッグには、オレンジピール・ショウガのコンフィ・ナッツなどをまぶした「ウフ マンディヤン」など、ユニークな味わいのショコラも登場していて、ほら、可愛いないお値段(コラ;) 「プール ドゥ パック ノワール」は、ニワトリに黄色いリボンがキュ-トで繊細なフォルムが印象的な仕上がりになっている、私の心は常に繊細、ナイトー、心配ないかなー?(何を言わせたいの?;)
フランソワ・ポンポンの作品から着想を得た「ラパン ド パック」からは今年も「ファミーユ ドゥ ラパン レ」をゲット、オレンジのリボンで爆笑がめちゃめちゃ可愛い。更に卵の中からポワッとー、インチキおじさんならぬ、魚や卵のチョコレートが出てくる「ウフ グリフェ ノワール」なんてうふふよ、うふふふふ(もう分りましたから;)

20160329herme5

可愛くないお値段でも、貴重な価値のあるイースターエッグには変わりないのエッグ!食べたいのだエッグ!やるっきゃないのエッグ!(まさか、ももいろのZっぽく言ってます?;) 幸せのー青いーくもー♪もとい、幸せのーナイトーサマー♪心配ないよね?(だから、なんて言わせたいんですか?;)