この日宿泊先の「アマン東京」から、嵐の中向かったのは「ルイ・ヴィトン 表参道店」。「ルイ・ヴィトン 2016年春夏レディース・コレクション(Louis Vuitton Spring-Summer 2016 )」プレヴューショーが行われるからよ。入り口で待っていた担当嬢が、すぐに3階レディースフロアに案内してくれる。エレベーターを降りた所でまず驚いた。
佇むそのロマンスグレーの紳士は、モエ ヘネシー・ルイヴィトン(LVMH)・ジャパンのエマニュエル・プラット(Emmanuel Prat)社長だよね?!プラット社長と言えば、1984年から2013年までLVMHジャパンの社長、その後はLVMHグループ・パリ本社のシニア・アドバイザー、LVMHジャパン・LVJグループ会長と言う重鎮。

20160222lvmhj2

そんな彼が今年からLVMHジャパンの社長に再就任し、まさかの早々にお目通りがかなったと言うわけ♪ ちなみに写真、プラット社長と話しているモードなイケメンは、来日していたレディースRTWのマーチャンダイジング・ディレクター、アンドレア・ディ・ロレンツォ(Andrea Di Lorenzo)氏。「お~素敵な2ショットだ~♪」と見とれつつシャンパンやカクテルジュースを頂く。
そう言えばここ「ルイ・ヴィトン表参道ビル」は、LVお馴染み青木淳氏デザインの「積み重ねたトランク」建築は健在のまま、近年順次内装をリニューアルし、美しく明るい新しい空間になっている。幅25.5m・奥行き20.8m・高さ31.9m、外装のメタルメッシュとステンレスパネルを店内から見上げると、並木の向こうに空が広がる。特徴的なスキップフロアで、地下1~6階までフルライン展開、

20160222lvmhj7

7階にアートスペース「エスパス ルイ・ヴィトン東京」がある。その展示スペースは193m2で天井高8.45m、ガラス張り(3層)で空中に浮かぶ様な世界がウリ。この日、ニコラ・ジェスキエールによる「2016年春夏コレクション」プレヴューショーが行われるのは3階、奥のレディース・プレタポルテ・エリアからスタートして、手前シューズ・エリアへとモデルが歩く。
音楽がスタートする・・ん?「これはクルーズショーの音だよ?!」 昨年「ルイ・ヴィトン 六本木ヒルズ店」で拝見した「2016クルーズ」のショーが冒頭に追加されていてお得感がある(笑) 続いていよいよ「2016春夏」がスタートする。今シーズンのLV旅は「デジタルやゲームのリアルな世界」♪ ニコラお得意の未来感たっぷりフューチャリスティックワールド。

20160222lvmhj6

広告キャンペーン「SERIES 4」では、「ファイナルファンタジーXIII」ヒロイン、ライトニングが起用。各店頭に大きなビジュアルが出現して話題になっているわ。ライトニングと言えば、妹を救うため強靭さを身に着けながら、過酷な旅を続ける・・・正に美しきファイター。ニコラ曰く「ゲームのバーチャルな美しさは、今季コレクションにおいて最も重要」
「ヒロイン像や優れたアイコンとなる勇敢な女性をプロモートすれば、バーチャルな存在がブランド創立の理念と合致する事は明らか。ライトニングはグローバルで勇敢な女性、そしてソーシャルなネットワークとコミュニケーションがシームレスに張り巡らされた世界を体現する完璧なキャラクター、また新たな描画プロセスの象徴でもある」

20160222lvmhj4

「フォトグラフィーとデザインの伝統的な原理を超えたグラフィックは、どのように創り出せるのだろうか?ライトニングは、表現の新しい時代の到来を告げる存在」と。店内を歩いてくるモデルは未来系ヒロイン戦士(フィギュア)、手にはレザーの包帯。LVならではの素材と伝統職人技によるライダースジャケットにはレースアップやスタッド、メタルやフィルムでキラキラシルバー装飾、ふんわり白く透けるバブルミニスカートにメッシュ、モノグラムやダミエの柄のレザーベストなどインパクト大。
艶やかカラフルなバミューダパンツ、ハードな厚底サンダルやウェスタンブーツも出て来た。まだ服はサンプル段階なので、今回はライトニングが掲げている派手なチェーンバッグ(カメラバッグ)を取りあえずゲットしたよ。そしてショーの後は、メンズアイテムが揃う5階へ向かう。ここはレディースよりも広く天井高、ゆったりと買い物が楽しめるゆとりの空間になっている。

20160222lvmhj5

見上げれば地球儀?がズラッと並び、天井から下がるインスタレーションも揺れている。目に留まるのはやはりキラキラ時計たち、トランクから着想を得たウォッチ・コレクション「LV FIFTY FIVE」など・・そうだ!つい先日にはルイ・ヴィトン初の「ジュネーヴ・シール(Poinçon de Genève)」認証を獲得したんだよ?!サファイアガラスを通して、文字盤にマークを見ることができるゴージャスなトゥールビヨン・ムーブメント「LV グラヴィティ」の登場♪
「V」デザインがとっても印象的。トゥールビヨン機構を装備した精巧なスケルトン・ウォッチは名実ともに世界最高峰、今後もLVのウォッチは大注目ね(値段も桁違い)。それらを横目に、一番奥のスーツが並んだ個室に入る。この日は主人の新作スーツを求めに来たの♪ エレガントなビジネスシューズも並んでいる・・目移りするわ。

20160222lvmhj3

銀座並木通り店の、イケメン店長・キュート担当嬢・オモシロ担当男子のいつもの3人とCRM嬢が、色々スペシャルな品々を運んでくれる。シーズン毎に服もスーツも鞄も小物も、当然ながら色々揃える。我が家のサイズや好みも把握した銀座並木通り店スタッフならではのチョイスで助かるね。気が付けば入店して2時間、楽しい話も尽きずかなり長居してしまった(笑)
ディナーの予約時間も近づき、慌てて会計をお願いするよ(いつもこのパターンだね)。1階に降りると春の嵐が収まっておらずびっくり(ドレスの裾が汚れちゃう!)。ありがたい事にスタッフ達が車まで傘をかざして送ってくれた。次は「銀座並木通り店」で会おうねと手を振り名残惜しい気持ちで、銀座「ベージュ アラン・デュカス 東京」まで車を走らせるのだった。楽しいデートはまだまだ続くよ~♪