連日30度を超える日本列島。いや、戦いに挑む35度超えも続く真夏大国アグラバー、こんにちは、栄えあるイケメンの甘く熱い視線にアチラコチラで悲鳴のオンパを連携発作しております、限りなく熱い熱い国のパレスリーダー小娘、ときには激しく、ときには激しいチェスミンです、今日もどうぞヨロピク♪(こんにちはチェリ~さん、ただでさえ暑いのに暑苦しいご挨拶お疲れ様です;)
暑苦しいと言えば濃いのがお好みなのは南の国のチェスミンだからか?(興味ありません;) しかし、そんな濃男子にも地獄級な暑さは酷なので、チェスミンの濃い愛情はさておき、暑さだけでも和らげてほしい願いを込めての手土産を見つけたのでご紹介(なるほど、かき氷ですか?それともアイスキャンディー?あ、手持ちクーラー!)

20150731mamegui1

・・・う、宇治の老舗茶舗「京はやしや」と「まめぐい」がコラボしたんだってー(へー・・・;) てか「まめぐい」とは何ぞや?(そうですね、まずはそこから;)「まめぐい」とは、約27cm×27cm言う手の平に納まってしまうようなカワイイ染布の事。ちょっとした手土産に、日々の暮らしに、そして旅の思い出に、さまざまなカタチで心を和ましてくれる、
ハンカチでも手拭いでもない、とても不思議で楽しいもの、それが「まめぐい」なんですって~(棒読み・・・日本のお土産に活躍しそうなお店ですね) そこにだ!そこに登場するのが、宝暦三年創業の京都の老舗茶屋「京はやしや」さんなのだよ。「京はやしや」と言えば福岡にもJR博多駅くうてんにお店があるが・・京都の和の世界を見せ付ける使命をかって出ているがの如く、

20150731mamegui2

日本各地に店舗を出しては閉店し出しては閉店、しかし更に進化し出店し続ける勇気が使命の京都和スイーツ戦隊「和茶レンジャーレキシ!」参上おこしやす(老舗を茶化すんじゃない;) 私も大好きな「京はやしや」戦隊ですが(だから戦わせないで;) そんな日本を背負う和菓子店「京はやしや」さんが「まめぐい」さんとコラボした商品は、なんとグランスタ店限定商品(あ、そうなんですね)
そして7月31日までの販売(へ~・・・終わっとるやないかい!) ま、得意技「後出し」が繰り出されたところで(せめて後日談に;) どれもお茶の風味を楽しめるお菓子となってますが、限定数のみのお取扱いなので、お買い求めはお早めに♪(いや、だから販売終了してるんでしょ!;) まずは今回のコラボ限定で販売された「茶摘み娘セット」765円。

20150731mamegui3

内容は「最中マドレーヌ2個(抹茶味+ほうじ茶味 各1個)」これをお好きな「まめぐい」で包む。店内には季節の限定まめぐいから定番まで沢山あるので、選ぶだけでも大変。私は予め包んであった店員さん作成のまめぐいで購入(出た、他力;)「最中マドレーヌの茶箱」デザインの最中が可愛い、その中にお茶の風味を閉じ込めて焼き上げたマドレーヌとの食感が面白い。
もう一つは「蔓朝顔セット」972円、内容は「ほろほろクッキー(抹茶かほうじ茶、どちらか1つ入り)」に、これも好きな「まめぐい」で包んでセット。こちらも他力まめぐい。あとこれじゃ~愛情が伝わらないので、チェスミンのジトジトした熱風の陰ながらラブを込めて、「バラまめぐい」で念と一緒に包みました(もう何もかもが恐怖です;)

20150731usagiya1

ほろほろクッキー、その名の通り口のなかでほろっとほどけるクッキーの事ですが、これオイシイ。お茶なんで和菓子の感じもあるのに、ちゃんと洋菓子だから二股にピッタリ!(もう最低です;) 二股と言えば、更に上を行くのが三股(何の話ですか?;) 東京のどら焼き戦争は一昔前の事ですし、
今や浅草の「亀十」に天下を一時奪還されている他店のどら焼きですが、「うさぎや」三兄弟は今でもとっても人気。味ともに天下を獲った時期も少なからずありまして、「亀十」の行列はなくとも価値ありの店(そうですね) そして三股にならざるをえないのも、基本店である上野「うさぎや」に、三男が始めた日本橋「うさぎや」、同じく長女が始めた阿佐ヶ谷「うさぎや」。

20150731usagiya3

何件あろうと「うさぎや」的どら焼きには変わらずオイシイのです(なるほど) ただし味は微妙に違う、これもまた面白い。それはまるで他の人が見事に演じても、同じ役をガンバラナイトがやると甘さとキュートさにチェスミンは一緒に逃亡します(誘われていません;) 残念♪ 今回おじゃましたのは基本店である上野の「うさぎや」さん。
立地的には、あの多種民族がコレでもか!と自我を発揮し尽くしている秋葉原から程近い上野です(確かに近いですが;) そこだけミラクルが起きているかのように、出来立てを持ち帰る人間の天使のような微笑み、悪魔のような食欲が入り乱れた空間を私は大事にしたい・・・そんなミラクルどら焼きを提供する「うさぎや」(普通に紹介できないんですか?;)

20150731usagiya4

蜂蜜が入った皮がとてもしっとりとしていて、その場で食べるべき「どら焼き」205円だと毎回思う。時間が経つにつれ、微妙に味が変わるのも悪くないが、とにかくその場食いに勝らない悲しき現実。可能な限りお昼までに購入したほうが手に入りやすいし、どら焼き以外の商品も買いやすい。今回伺った時は「団子」や「季節生菓子」も買えたが、「どら焼き」を基本とした差し入れには賛成!(はい)
パイセン達に「どら焼き」沢山差し入れ賛成!(・・・はい?) ずば抜けた「どら焼き」戦術については賛成なのだが、他の商品は並の次点、更に次点追加、並・並盛り追加入りました~(え、どちらさま?;) とにかく!大好きな人には、自分も気持ちの込められる好きなモノを差し上げるのが一番良いよね♪

20150731usagiya2

だから「まめぐい」に京都和スイーツ戦隊「和茶レンジャーレキシ!」で夏と戦ってもらい、「うさぎやのどら焼き」のみを沢山食べてアグラバーの王になってもらいましょう。スイーツ戦隊「和グラバーアラビアンレンジャー」チェスミン小娘参上!(皆さんも熱射病にお気を付け下さい;)